この記事の読者は累積1530人です。
 
人類の起源と人類の拡散
352797 ケット人とY染色体ハプログループQのルーツ
 
時田 弘 ( 32 千葉 会社員 ) 20/01/14 AM01 【印刷用へ
日本人の縄文思想と稲作のルーツリンク
より、引用です。
・・・・・・・・・・・・・
ケット人のルーツ(アメリカ先住民族と日本人)

前回、アメリカ先住民族のDNA(Y染色体ハプログループ)はシベリアのケット人のグループQに属するという報告について紹介し、これは、アメリカインデアンなど北米民族だけにあてはまる結果で、容貌などからインカ人など中南米の民族に当てはまらないことを指摘しました。

関連し、今回は、そのケット人とY染色体ハプログループQのルーツに迫ります。

まず、Wikipediaでケット人を調べますと、次のとおりです。

ケット人・ケート族(Ket)は、シベリア中央部のエニセイ川やケット川(オビ川水系)などの流域に住む少数民族。かつてはオスチャーク(Ostyak)と呼ばれたが、これはウラル諸族のハンティ人(ウゴル系)やセリクプ人(サモエード系)など他の民族も含めた名で正確ではないので、区別するためにエニセイ・オスチャークとも呼ばれ、さらに自称からケットと呼ばれるようになった。

固有の言語ケット語を話す。18-19世紀まではケット人と同じ系統の民族(言語はエニセイ語族と呼ばれる)がシベリア中央部から南部に広くおり、近年になって民族集団として認められたユグ人(英語版)(Yugh、現在は数人以下で事実上消滅)も同系統であった。つまりケット人はこれらエニセイ諸族のうち最後に残った人々である。ケット語(エニセイ語族)は他のシベリアの言語とは大きく異なる[注釈 1]。2008年、エドワード・ヴァイダの研究で北米先住民のナ・デネ語族と同系統の言語であることが明らかにされ、デネ・エニセイ語族という呼称が提案されている。(引用終了)

以上の記事からケット人の北アメリカ移住について考察しますと、まず、アラスカやカナダなど北アメリカ各地に居住地を広げ、ケット語(エニセイ語)の兄弟言語のデネ語を話すようになったと思われます。

ケット人の言語は、北米インデアンのデネ族とケット人のエニセイ族を合わせてデネ・エネセイ語族と呼ばれておりますが、デネ・エネセイ語は北アメリカの一部で使われているだけで、南アメリカでは使われておりません。

一方、ケット人のDNA(Y染色体ハプログループ)の系譜について上の図に示しました。Y染色体ハプログループは、発生の古い順から、A、B、C、D、・・・、O、P、Q、・・・、というアルファベット順に分類されております。

これらハプログループのなかで、日本人と関係しているのが、モンゴル系(ハプログループC)、アイヌ系(同D)、マレー系(同O1b)、中国系(同O2)です。モンゴル系とアイヌ系はアフリカで発生し、日本に移住してきたと言われております。そしてマレー系と中国系を含むOグループは東南アジア当たりで発生したと言われております。

一方、ハプログループQは、O(中国系、マレー系等)とほぼ同時に発生し、イラン付近で17000-22000年前、または31,400年前頃に発生したと考えられています。彼らが、イラン付近で発生したことから判断しますと、陸路でのアメリカ移住は氷河期の氷に遮られ氷河期の移住は困難です。そこで、カナダエスキモーと同じように最近移住したと判断するのが妥当と思われます。事実、エスキモーもQのグループです。

まとめますと、ケット人などY染色体ハプログループQの人々のアメリカ移住は2000年前以降(最近のこと)と思われます。そして、それ以前は、日本の先住民族がアメリカに移住し、インカ人等の南アメリカの先住民になったと結論されます。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_352797
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp