この記事の読者は累積54244人です。
 
生命原理・自然の摂理
352789 生命を、反エントロピー=統合過程という視点から捉える千島学説
 
本田真吾 HP ( 壮年 香川 建築家 ) 20/01/13 PM10 【印刷用へ
生命現象に、近代科学の稚拙で直線的なエントロピー理論を組み込んだ近代医学・生物学を事実に基づき批判。その上で、生命を、反エントロピー=統合過程という視点から捉える千島学説

////////////////////////////////////////////////////////////////
生命弁証法……『千島学説』の基盤となる科学的方法論(リンク

D 可逆性、繰り返しの原理
 現代の科学は物理学の大法則とされる「熱力学第2法則(エントロピー増大の法則)」を遵守し「ものごとには可逆性はない」ことを原則としています。エントロピー増大の法則とは「熱は時間の経過とともに高所より低所へ流れ、ついには平均化する」というもので「時の矢は一方的に進行し逆戻りすることはない」ということになります。事象の逆戻りを否定したこの法則は日常的なことには該当しているようですが、万象に絶対的なものではなく、確率的なものであり、稀には逆行もあることが肯定されています。そのうえこの法則は、宇宙が閉鎖性、すなわちエネルギーの出入りがない隔絶した世界で起きることだとされています。

  しかし、宇宙は無限の世界であり、隔絶された世界とは無縁であるごとは周知の事実です。この現実離れした物理学の法則を、自然界に、いわんや生命現象にまで適用したことは、道理にかなったことではありません。ことに生命体には逆戻りの現象は多々あります。下図はクラゲの逆成長を示したものですが、人間でも節食や断食をしたとき、体細胞や脂肪が赤血球に逆戻りして、体重減少と同時に体細胞が全身的に若返ります。これは逆成長であって、生物的な時間の逆戻りがあることを示唆しています。

クラゲの逆成長(若返り)……栄養状態による逆戻り (引用サイトの図参照)

海水中に食物をなくして絶食状態にしておくと、クラゲは触手や体が次第に吸収され退化し、最後には発生初期の胚子のような細胞の塊に逆戻りする。即ち逆成長(若返り)である。エントロピー増大法則とは逆の方向である。そこで食物を与えると、今度は普通の成長をして元の生体に戻る。この間、生体にとっては時間は逆行するかのようである。これを生物的な時間の逆行という。
 
  List
  この記事は 352630 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_352789
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
357521 病の第一の原因は宿主の健康状態であり、普段は宿主に協調的なウイルスも含めた微生物は宿主の健康状態が衰えた場合に「病的」になる 本田真吾 20/06/09 AM10
354269 千島学説の赤血球分化説、腸造血説を裏付ける観察結果 本田真吾 20/03/05 AM10
352790 生命を、量から質への転換=階層的統合過程と共存共栄から捉える千島学説 本田真吾 20/01/13 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp