この記事の読者は累積649人です。
 
社員の活力を引き上げるには?
350912 高見に立った姿勢が、相手との充足を妨げる。
 
男と女の職場話 19/11/08 PM03 【印刷用へ
職場ではもちろん家庭でも、自分より年下や経験が浅い人を導くことは誰にでもあることと思います。

そんな時、つい「自分のほうがわかっている」という優越性に浸ってしまったりしませんか。

特に子どもや旦那さんに対しては、「だから○○って言ったのに…(私の言うことがあってたでしょ? 私の言うことを聞いておけばよかったのに)」がよく出てきたりします(-_-;)

その時、実は大切な相手との距離は開いてしまっている…かもしれません。

そんな時、いつも思い出す文章がありますので、ご紹介します☆

続きはコチラ☆→リンク
 
  List
  この記事は 136047 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_350912
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp