この記事の読者は累積2149人です。
 
人類の起源と人類の拡散
350900 なぜ人には毛がない?
 
匿名希望 19/11/08 AM01 【印刷用へ
なぜ人には毛がない?リンクからの転載です。
________________________________
なぜ、ココまで極端に薄くなったのか?

以前に自分が聞いた説だが、二足歩行を始めたのは、実は海岸で生活していたからで、海洋生物から捕れるDHAは脳を巨大化させ、さらに、海に入る際にどうしても2足歩行しなければいけなかった。そして、毛はじゃまになったので薄くなった。もっといえば、水かきがアル理由もこれに由来するとという説。

それだと、皮膚形成は、イルカや鯨の様になるのでは?しかも、海に資源を求めたなら、やはり、イルカや鯨の様な進化をしたのではないだろうか?汗腺がある理由も説明できていない。

今回紹介されていた説は、人間の走る機能が毛が薄くなった原因だとする説だ。

まず、二足歩行が始まって、人間は獲物を得るために長距離を走るようになった。実際、人間の体の27か所の形状は走るために進化したと証明されているそうだ。ここで問題になったのが、走る際に出る熱だ。熱が高くなりすぎると生き物は死んでしまう。コレを防ぐために独自の皮膚機能を発達させたそうだ。その結果、毛が薄く、汗腺がある皮膚が生まれた。このおかげで、人間は長距離を移動出来るようになり、より多くの獲物を確保出来るようになった。

なるほど、つまり、皮膚はラジエーターだった訳だ。ほかの生き物はもっと効率の悪いラジエーターを利用しているそうだ。

犬は口を開き舌を空気に当てることで冷やす。像は耳を仰ぐことで体温を下げる。言わば空冷式だな。対して、人間は自前の水冷式と言ったところか。

でもまさか、人間には走るために進化した部位があるとは思わなかったな。

そもそも毛とは、進化の偉大な発明品の一つで皮膚が偶然生み出した鱗の一種だそうだ。だから、拡大すると鱗状の構造になっていて、鱗と同じケラチンが含まれる。皮膚を、傷や微生物から保護し体温を確保する。そんな便利な発明品をわざわざ捨てたのだから奇抜な進化だったことは間違いなさそうだ。

頭に毛が残ったのは日差しから守るため。眉やまつげがあるのは、したたる汗を目に入れないため。鼻毛はホコリ。ひげは一種のディスプレイ、ライオンのたてがみみたいなもの。脇毛や陰毛は、フェロモンたとかニオイを維持する為にある。それ以外の主立った毛はほとんどが薄くなった。

最近じゃ、女が嫌うから、男でも体毛除去なんてアルくらいだから将来、あと何百年かしたら、もっと毛が無い人間が誕生するかもな。
________________________________
 
  List
  この記事は 350851 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_350900
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp