この記事の読者は累積1237人です。
 
世界各国の状況
349237 国際情勢の大変動を見抜く!-28〜普通の国家として考えると見誤る中国〜
 
ブログ 金貸しは、国家を相手に金を貸す 19/09/11 PM09 【印刷用へ
中国を見るときに忘れてはならない重要な視点として3つ挙げています。

@ 中国は共産党の独裁国家であるということ
A 中国人は超個人主義者であるということ
B 中国人に国家感はないということ

儒教の国中国は、家族としての結びつきは強いが、それを超えた集団、国家としての意識が希薄な個人主義の人種ということです。その意味で中国共産党が強制圧力によって統合する国家ということになっている。

中国人は個人の儲けにしか興味がないので、中国経済が抱える三重苦(:@国営企業の民営化の行き詰まり、A巨額不動産投資がバブルの後遺症、B活路を見出すために始めたAIIB(アジアインフラ投資銀行)や一帯一路構想の停滞)によって、統合が危うくなっているというのです。

アメリカが現在中国に圧力を掛けている背景には、そのような国力低下が背景としてあるようです。 続きはこちら
 
  List
  この記事は 348925 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_349237
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
国際情勢の大変動を見抜く!-29〜米朝首脳会談は、トランプが民族自決の北朝鮮との協調を持ちかけた〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 19/09/14 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp