この記事の読者は累積1682人です。
 
市場は環境を守れない、社会を統合できない
349223 世界の海洋生物の絶滅の危機
 
橋本宏 ( 30代 大阪 会社員 ) 19/09/11 AM01 【印刷用へ
「世界の巨大淡水生物、40年間で約9割も減っていた」(リンク

30kg以上になる淡水動物126種の個体数を調査、巨大淡水魚はなんと94%減
 大相撲の力士並みに大きなエイや巨大ナマズ、巨大ガメに、巨大サンショウウオ。最新の研究によると、世界の淡水に暮らすこのような巨大生物の多くは、まもなく絶滅してしまうかもしれない。

 魚類、爬虫類から両生類、哺乳類まで、淡水の大型動物が世界的にどのぐらい減っているかを研究者らが調べた結果が、8月8日付けの学術誌「Global Change Biology」に発表された。世界的な減少を初めて数値化したというその内容は、非常に厳しいものだった。1970年以降のおよそ40年間で、体重30キロ以上の「淡水の巨人たち」の個体数は、世界中で90%近く減少した。これは、陸上または海の脊椎動物の2倍近い数字だ。

 チョウザメ、サケ、大ナマズなどの巨大淡水魚は特に絶滅の恐れが高く、個体数は全体で94%も減少した。淡水の大型爬虫類と哺乳類の多くも、厳しい状況におかれている。中国のヨウスコウカワイルカは、おそらく人間によって絶滅に追い込まれた最初のイルカだ。体長6メートルを超えることもあるシナヘラチョウザメは、ここ10年ほど目撃されていない。ほかにも、ほとんどいなくなってしまった種がいるかもしれない。

「こうした大規模な危機は、一般にはあまり認識されていません」と話すのは、米ネバダ大学リノ校の魚類生物学者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーであるゼブ・ホーガン氏だ。同氏は、巨大淡水魚の窮状を20年にわたって研究している。

 論文の著者の1人でもあるホーガン氏は、巨大魚たちが苦境にあるというこの報告は、世界中の川や湖が直面している環境の危機をはっきり示していると語る。「最も大きな動物たちが姿を消し始めるのは、すぐさま何らかの行動を起こし、川や湖の生態系の健全さを取り戻さなくてはならないという警告です」

脊椎動物種の3分の1、魚種の半分が生息
 淡水生態系には、世界の脊椎動物種の3分の1、そして魚種の半分近くが生息している。にも関わらず、海の生態系に比べると概して研究が進んでいない。地上と海の大型動物が減っていることは十分確認されているが、大型の淡水種を地球規模で調べた研究はこれまでほとんどなかった。

 今回、研究チームは、体重30キロ以上になる淡水種207種のうち126種について、1970年から2012年までの個体数のデータを集めた。そのなかには、英ロンドン動物学協会(ZSL)が世界自然保護基金(WWF)と協力して運営するデータベース「リビング・プラネット・インデックス」も含まれている。このデータベースによれば、調査対象期間とほぼ同じ期間で、全淡水種の数は83%減ったとされているが、大型動物では88%と減少幅がさらに大きいことが今回の研究で明らかになった。

 論文の筆頭著者で、ドイツ、ベルリンにあるライプニッツ淡水生態学・内水漁業研究所(IGB)の淡水生態学者フー・ファンジー氏は、淡水の生物多様性の危機は一般にあまり気づかれておらず、巨大な生物がいることすら知らない人が多いと話す。「トラ、パンダ、ライオン、あるいはクジラなど、メディアや学校教育で大きく注目される種とは違います」

 大型の淡水種が直面する最も大きな脅威は、乱獲と生息環境の悪化だとフー氏は指摘する。大型の淡水種の多くは、肉や皮、卵を目当てに捕らえられる。回遊する大型の魚は、ダムによってルートがふさがれ、産卵場所へたどり着くのが難しくなると大きな打撃を受ける。また、成熟するのに時間がかかり、繁殖率が低い傾向にあることも、大型動物が苦境に弱い一因だ。

メコン川の生態系に迫る危機
 今回の研究によると、淡水の大型動物の減少が激しかった生物地理区(生物の分布をもとにした地理区分)は、主にインドから東南アジアにかけての東洋区(99%)と、ヨーロッパ、北アフリカ、北アジアを含む旧北区(97%)だった。ホーガン氏によると、現在最も危機的な地域は東南アジアで、なかでも特にメコン川流域ではないかという。中国、ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナムを流れるメコン川には、1000種以上の魚が生息し、世界最大級のものも多い。例えば、2005年にタイ北部で293キロという巨大なメコンオオナマズが捕獲され、信頼できる記録の中では世界最大の淡水魚として話題になった。

 ホーガン氏は、2015年以降、野生のメコンオオナマズを見ていないと話す。川に設けられたダムや、計画中のダムによって、メコンオオナマズは絶滅するかもしれない。こうした魚が消えることで生態系にどんな影響が及ぶのか、ホーガン氏ら研究者にも、はっきりとは分からない。しかしメコン川の場合、川沿いに暮らす数百万の人々の食料と生計を脅かしかねない。

 全体的な見通しが厳しい中、今回の研究では、淡水の大型動物13種の個体数が安定している、または増えていることも判明した。その中には、米国のチョウザメ(ミドリチョウザメ)や、アメリカビーバーもいる。ヨーロッパでは、ヨーロッパビーバーが一度姿を消した多くの地域に戻ってきており、カンボジアでは、イラワジ川のイルカ(カワゴンドウ)の個体数が20年ぶりに増加した。

「破滅と絶望だけの状況ではないことを願っています」と、フー氏。「生物多様性の危機を広く知らせるだけでなく、大型淡水種の保護には希望もあると伝えたいのです。私たちにできることは、まだあるのだと」
 
  List
  この記事は 348881 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_349223
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
349343 三年続きの極端な秋刀魚の不漁は親潮/黒潮の海洋の変動だが、何れ資源の枯渇が問題になってくる 持国天 19/09/15 AM01
349274 20億年前の地球で「酸素の消失により99%の生命が死滅した」大量絶滅事象があったことが明らかに。それは微生物の大量死で、その状況は現在と酷似 紺碧空 19/09/12 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp