この記事の読者は累積1316人です。
 
脳回路と駆動物質
348787 皮膚は薄膜の脳〜「皮膚科学」という考え方
 
上前二郎 19/08/25 AM00 【印刷用へ
2013:スキンオデッセイリンクから引用させていただきます。
--------------------------------------------
ポスト311時代は脳科学ではなく皮膚科学の時代なのであり、頭で考えてるとヘタをすると放射能というか統治側というかグローバル資本たちに殺される時代なのであり、皮膚で感じて、皮膚で考えて、皮膚で判断していくのが生き残る戦術となります。

脳端末は単なるデータバンクなのであり、データバンクに記録されていない新しい事柄には脳思考では対処できないのです。脳はデータを積み上げることが仕事なのであり、そのデータをランダムに並べ替えたり、ある部分を膨らませたり、はしょったり、またある時には想像力で別なアイテムを加えたりなんて高度な芸当は脳にはできません。

そのような想像的で創造性ある仕事やアイデアの創発は全身の皮膚上の電磁気のスパークがあって始めて可能なことなのです。人間の意識活動が電気活動であることはハロルド・サクストン・バー博士やクリーブ・バクスター氏の所見からも証明されていますし、ショックドクトリン研究の最中の拷問実験において人間の認知活動が激烈な電気ショックで破綻することからも分かります。

人間とは電磁気体でもあるのです。皮膚は半径2メートルの円内へと微弱な電波を発信しています。それは言わばバリアーやレーダーの役目をしているのかもしれません。考えてみればそのようなバリア感覚がなければ人間は生きぬいてこれなかったのです。

外敵が自分の周囲に侵入したことを知覚できたからこそ命を守ってこれたのです。そのような命の危機を一番最初に知覚するのはやはり脳ではなく皮膚なのです。皮膚が感じてとっさに判断して身をひるがえすからこそ外敵と対峙できるのです。皮膚は外部情報を感知する最前衛の免疫器官なのです。
(中略)
脳生理学者である大島清博士は「皮膚は薄膜の脳」と仰ったそうですし、皮膚科学の最先端を走っている傳田光洋博士は「皮膚は0番の脳」と語ります。地球に最初に誕生した原始生命体の細胞膜が40億年の地球環境を感じて考えて判断してきた歴史を記録している器官が皮膚なのです。だから皮膚はデータバンクでもあり、かつデータ処理器官でもあり、データ発信装置でもあるのです。皮膚があったればこそヒトは生きていられるのです。

重さ3キロ、畳一畳半の人体最大の臓器が皮膚です。そして人体最大の思考空間、感性のフィールドが皮膚なのです。脳思考をやめて、皮膚思考に従うことは養生の基本です。エビデンスやデータをもとにせず、皮膚感覚による直感で身体に良いもの、良いことを選択していかなければポスト311時代は生き延びることはできません。皮膚という「治癒媒体」を使いこなしてきたのが鍼灸按摩の歴史でした。

骨を様々な道具に使った人類の祖先はやがてその骨を鋭利に研ぎ、鍼のような道具を開発し、傷が化膿して膿んだ部位を切開し排膿するスベを覚えます。痛みに慣れてくるとやがて少しの痛み刺激が快感をもたらし痛みを回避させることを知ります。鍼刺激が皮膚からβエンドルフィンを分泌させることを体験知として感覚するのです。

βエンドルフィンを体内の隅々にまで運ぶためには血管を拡げなければなりませんから血管拡張剤である一酸化窒素(NO)もまた分泌されてきます。鍼刺激による小さな傷を治すためにはその部位のタンパク質の修復が必要ですからヒートショック・プロテイン(HSP)もまた分泌されてきます。このような機序で人類は鍼治療という医療を獲得したのでしょう。
----------------------------------(引用終わり)------
 
  List
  この記事は 345103 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_348787
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
348965 膜のネットワークによって生命が維持されている 上前二郎 19/09/01 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp