この記事の読者は累積1322人です。
 
農村を活性化させる為には?
348764 中国も日本も大誤算〜機械化するほど農民が貧しくなるシステム
 
ぴぴ ( 40代 ) 19/08/24 AM10 【印刷用へ
以下、「世界のニュース トトメス5世」 リンク より。

* * * * * * * * * *
2019年08月19日17:00
中国が発展するほど農民が貧しくなるシステム

○農民という身分
中国農村部の平均年収は過去10年で2倍になり、目覚ましい成長をとげている。
といっても10年前に年収10万円だったのが現在は20万円程度で、中国都市部の年収の4分の1に過ぎない。

その10年前つまり2000年頃の農村年収は5万円以下だったのだが、現在の中国でも年収3万円以下の人が多く存在している。

これは単に格差や発展の遅れや貧困問題ではなく、身分制度が関係しているので永遠に解消しない。
共産国家は階級社会であり都市戸籍を持つ上級国民と、農村戸籍の下級国民に分かれている。
都市戸籍は約4億人、農民戸籍で都市に住む農民工が約3億人、農村に住む農民戸籍が約6億人となっています。

これが江戸時代の士農工商のように代々世襲され、親が農村戸籍だったら末代までずっと農村戸籍です。農村戸籍で生まれると都市に移住しても違法な労働者にしかなれず、企業の正社員には絶対になれない。
仕事は清掃業者や建築現場、低賃金の超ブラック労働しかないが、それでも農村農民の2倍ほどの収入になる。

平たく言えば都市戸籍80万円、農民工40万円、農村20万円、極貧農村10万円未満となっています。
さらに上には上海や北京の一流企業サラリーマンは100万円から200万円、中には500万円や1000万円を得ているIT技術者などが居ます。
北京や上海の公務員は給料が高い上に賄賂の実入りが多く、保険や年金が農村の何倍も優遇されています。

下の方もキリがなく、チベットやウイグルの反乱分子と目される地域では、一切の就労や移住が禁止され、やせた土地で自給自足を強いられます。
豊かになると反乱を起こすので、意図的な貧困状態に置かれていて、彼らの年収はゼロから3万円未満です。
これが中国農民が置かれている現状で、日本のテレビ局が取材する「成功した農民」は農民の頂点の成功者に過ぎません。

○効率化すると農民はさらに貧しくなる
このような中国農民ですが、中国でも効率化や機械化、省力化などによって農業の効率を上げる試みがされている。

その手本がなぜか日本なのだが、日本の農業は戦後衰退し続けて今や総人口の3%程度しか農業従事者がいません。
工業化が進んだと言えば聞こえが良いですが、要は日本では農業をやっても食えなくなったので、やむを得ず村を捨てたのです。

日本では効率化や機械化によって同じ労働量でも収穫高が何倍にも増えて、大成功したかに見えました。
だが農業は工業とは違い「効率化するほど貧しくなる」のを日本の政治家や官僚は知りませんでした。
今まで100人でやっていた仕事を10人で済むようになったら、90人が失業して農村は貧しくなります。

日本で地方の過疎化が進んでいるのはまさにこれが原因で、2050年にはほとんどの農村が消滅するという予測もあります。
同じ収穫高を得るのに機械化で10分の1の人数で済むようになり、さらに農業自由化で安い外国産にシェアを奪われてしまいました。
もう農業では生活できなくなったので、日本では専業農家はほとんど居なくなり、サラリーマンの兼業農家が増えました。
中国が今進めている効率化や機械化は、農民を豊かにするどころか一層貧しくしてしまうでしょう。

(以上)
 
  List
  この記事は 346786 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_348764
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp