この記事の読者は累積22457人です。
 
生命原理・自然の摂理
348755 【ケルブラン説】水素H・炭素C・酸素Oが媒介する生体内原子転換
 
ブログ 共同体社会と人類婚姻史 19/08/24 AM00 【印刷用へ
原子転換は、K40→Ca39だけではない。 ここでは、ケルヴランがその実験結果から導き出した原子転換を紹介する。
出典はケルヴラン著『生物学的元素転換』
「常温核融合は本当だった! その11」より引用。リンク

アルカリループの原子転換
 カリウムK+水素H=カルシウムCa   カルシウムCa−水素H=カリウムK 
 ナトリウムNa+水素H=マグネシウムMg マグネシウムMg−水素H=ナトリウムNa
 ナトリウムNa+酸素O=カリウムK   カリウムK−酸素O=ナトリウムNa
 マグネシウムMg+酸素O=カルシウムCa カルシウムCa−酸素O=マグネシウムMg

ジオループの原子転換
 炭素C+酸素O=珪素Si    珪素Si−酸素O=炭素C  
 珪素Si+炭素C=カルシウムCa   カルシウムCa−炭素C=珪素Si
 炭素C+炭素C=マグネシウムMg  マグネシウムMg−炭素C=炭素C
 マグネシウムMg+水素H=アルミニウムAl アルミニウムAl−水素H=マグネシウムMg

バイオループの原子転換
 窒素N+酸素O=リンP   リンP−酸素O=窒素N 
 酸素O+酸素O=硫黄S   硫黄S−酸素O=酸素O
 リンP+水素H=硫黄S   硫黄S−水素H=リンP
 弗素F+炭素C=リンP   リンP−炭素C=弗素F

原子転換を媒介する原子は、水素H・炭素C・酸素O。
同時に、水素H・炭素C・酸素Oはブドウ糖C6H12O6の構成成分でもある。
途中経路を省略すれば、次のような反応を生体内で行っている。
C6H12O6 + 6O2 → 6CO2 + 6H2O
アミノ酸やタンパク質はH・C・Oに窒素Nが加わる。
注目すべきは、生命体を構成する基本元素が、同時に原子転換を媒介していることである。 続きはこちら
 
  List
  この記事は 348693 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_348755
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp