この記事の読者は累積12297人です。
 
日本人の起源(縄文・弥生・大和)
348486 関東がヤマトの脅威になった理由を紐解く〜豊かな縄文から弥生への移行
 
ブログ 縄文と古代文明を探求しよう! 19/08/14 AM02 【印刷用へ
関東と聞けば、広大な平野を思い浮かべる方も多いでしょうが、太古の関東は、湿地帯、湖沼が覆い尽くしていました。縄文時代には東京湾が今でいう内陸奥深くまで広がっていたし、霞ケ浦も広大な内海で、関東平野には内陸の水運が発達していました。 こうした気候や土地の状況から縄文時代は関東、東北が主役でした。
稲作が九州から西日本に伝わり東西の形成が逆転し、以降、いわゆる日本の歴史はヤマト建国から西日本中心に繰り広げられています。 今回は縄文から弥生へ移行する背景を探り、関東が中央にとって脅威になっていく歴史 続きはこちら
 
  List
  この記事は 348330 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_348486
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp