この記事の読者は累積768人です。
 
もはや学校は終っている
348478 高校には行かず、中卒で働くことの可能性
 
中村大生 ( 17 大阪 アルバイト ) 19/08/13 PM11 【印刷用へ
今回は今自分が実践している
「高校には行かず、中卒で働くことの可能性」
を自分の体験や感覚を交えて話し、今の学校に不満を持っている後輩の皆さんにも、1秒でも早く社会に出ることの可能性をこの投稿を通じて伝えられたら良いなと考えています。


私は今、ある設計事務所で働かせて頂いています。
今年で働き出して(社会人)2年目にはなるのですが、仕事をするということが、学校の勉強と違う点で1番大きいと感じたのは、仕事には必ず相手(お客さん)がいるということ。
そして、仕事とは、相手(お客さん)の期待に応えるということです。
これが仕事の1番重要かつ、可能性だと思っています。

これは仕事をしてみないとわからない感覚かもしれませんが、相手の期待を掴んで、その期待に応える為に日々追求し、期待に応えることができて、それに対して相手の喜ぶ姿を見た時の嬉しさ、達成感は今まで生きていた中で感じたこともないくらい大きいものでした。そして、その感覚こそが自分の活力源になります。


仕事をするということは、自分も相手も喜ばせられるすばらしいものだと思うし、それが何より活力源に繋がるということがとても可能性に感じます。


中卒で社会に出るということは、世間の常識からすると変な目で見られたりすると考える人も多いですが、学校に通うよりも何倍も可能性に溢れていると私は考えています。


これを読んで、「社会に出たい」「社会に出た」という生徒の方々が1人でも多く出てきてくれると嬉しいなと思っています。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_348478
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp