この記事の読者は累積42948人です。
 
私権原理から共認原理への大転換
347051 ベーシックインカムは、今、何故、注目を浴びているのか
 
ブログ 金貸しは、国家を相手に金を貸す 19/06/24 PM09 【印刷用へ
イタリアでベーシックインカム(国民所得)が導入され、改めてベーシックインカムに注目が集まっており、ベーシックインカムの状況について調べてみました。
ベーシックインカムに否定的な論調も多々あるのですが、以外だったのは、資本主義を維持したい側からもベーシックインカムを支持する声が出て来ている事です。 従来のベーシックインカム導入は、資本主義に反対する左翼から資本主義の矛盾である階級格差を解消する方法として、ベーシックインカムを主張する事が多かった用意思われます。
人権の一部としての最低所得補償 続きはこちら
 
  List
  この記事は 345617 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347051
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
ベーシックインカム、今、何故、注目を浴びているのか−2 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 19/07/02 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp