この記事の読者は累積1499人です。
 
西欧科学は狂っている
346957 相対性理論は間違っている!
 
前田重男 19/06/21 AM00 【印刷用へ
科学を追求するうえで、常に疑問をもちながら向き合う点が重要。過去唱えられた定説を暗記することはそれ以上追求が出来ない、ということを考えさせられます。

破壊学事始
リンクより引用します。

===(以下引用)===
このブログでは、相対性理論のことはあまり取り上げていない。その前の万有引力が間違っているので、相対性理論の間違いを指摘してもあまり意味がないと考えているからだ。最近では、高校の教科書にも相対性理論やビッグバン宇宙論が書いてあると言う。一度、教科書で覚えたことをひっくり返すのは、フツウの人には難しいことだ。大部分の人はそのまま疑問を持たずに一生過ごすことになる。

「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(マックス・ヴェーバー)では社会を変革してきたのは、宗教が導いた勤勉性と指摘した。同時に社会を成立させているのは、人間の持つ習慣であるとも説いた。ところが、この習慣を変えることは非常に難しい。世の中が一朝一夕に変わらないのは、習慣の持つ頑固さが原因といえる。

よく、科学はいずれも仮説の状態で、よりよい理論が登場することで進歩する、と訳知り顔で説く人がいるが、相対性理論の場合は、ニュートンの万有引力とマクスウエルの勘違いした電磁気学の上に乗っかっているため、一切合財を削除するしかない。代替の理論はないのだ。

また、GPSで使われているから、正しいとするのも、根拠は否定的だ。GPSの開発では、現場あわせによる修正が行われたという。相対論的効果=原子時計の遅れ、は毎日定期的に行われる地上からの時刻補正で修正されているというが、これはいくつもあるGPSの修正のひとつに過ぎない。電気的地球科学では、衛星軌道上の原子時計の遅れは、ニュートリノ密度の差による。

もう一度書いておくが、99%の人は、一度間違った認識を覚えてしまうと修正できない。とくに暗記力を訓練してきた人は、暗記したものが自我の一部になってしまうので、無条件で自我を守ろうとする仕組みが働いてしまう。相対性理論の間違いに気がつくことは、宗教的気づきに等しいのだ。相対性理論についての議論がしばしば紛糾するのは、宗教対立と同じ構造がある。
 
  List
  この記事は 344973 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_346957
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
347118 量子力学も間違っている@ 前田重男 19/06/27 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp