この記事の読者は累積880人です。
 
脳回路と駆動物質
346897 嗅覚受容体遺伝子は生活環境を反映してダイナミックに変化する
 
男と女の職場話 19/06/19 AM00 【印刷用へ
梅雨時ですね。湿度が高いとよりもの匂いが強く感じられます。
日本独自の匂いの文化の一つに香道があります(参照)。

>日本の伝統的な芸道で、一定の作法のもとに香木を焚き、
立ち上る香りを鑑賞するものである。香あそびということもある。
香木の香りを聞き、鑑賞する聞香(もんこう)と、
香りを聞き分ける遊びである組香(くみこう)の二つが主な要素である。

湿度の低いヨーロッパ等では香水のように匂いのはっきりしたものが好まれ、日本では細かな違いを楽しむ香道が生まれました。日本人と西欧人では、遺伝子上の嗅覚受容体にも違いがありそうな気がします。

先週に引き続き、新村芳人著『嗅覚はどう進化してきたか』より引用します。
続きはコチラ☆→リンク
 
  List
  この記事は 346576 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_346897
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp