この記事の読者は累積8732人です。
 
私権社会の婚姻制
345929 ★明治期庶民がどのようにして新しい家族制度を受け入れたのか
 
ブログ 共同体社会と人類婚姻史 19/05/16 AM00 【印刷用へ
江戸時代は、庶民の結婚スタイルは自由であり、混浴の銭湯が社交場であったとか、主婦が行う期間限定のレンタル妻という職業や、隠れた人気職業は「妾」だったetc...男女関係においても、とても大らかな時代でした。

それが明治時代に入ると西洋文化を取り入れた近代化が進められ、人々の生活が大きく変化していきました。中でも、新しくできた家族制度について庶民たちはどのように感じ、受け入れていったのでしょうか?
  続きはこちら
 
  List
  この記事は 335160 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_345929
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp