この記事の読者は累積41995人です。
 
新しい共認勢力
343270 反グローバリズムの潮流(フランス暴動を巡り、反EU勢力が国を超えて共闘を開始)
 
ブログ 金貸しは、国家を相手に金を貸す 19/02/11 PM03 【印刷用へ
前回の反グローバリズムの潮流(フランス「黄色いベスト」暴動で、揺らぐマクロン政権)では、暴動を受けてマクロン大統領が燃料税の増税を断念したことまでお伝えしました。さらにその後にも、最低賃金の上乗せ、残業代の非課税化など相次いで対策を発表しましたが、暴動はおさまる様子を見せません。
それどころか、イタリア政府の要人がデモへの支持を表明し、仏伊の国家間の対立にまで事態は悪化、拡大しています。何故、こんなことになったのでしょうか。
象徴的な言葉が、「立ち上がれフランス」党首の次の言葉です。「親グローバリズム 続きはこちら
 
  List
  この記事は 341527 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_343270
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp