この記事の読者は累積13575人です。
 
日本人と縄文体質
343259 「縄文時代、人は何を考え、何を築いてきたか」 第2回 翡翠の道を追う(前半)
 
ブログ 縄文と古代文明を探求しよう! 19/02/11 AM00 【印刷用へ
翡翠が縄文時代を通じて最も価値が高く、重宝であった事は既知の事です。 翡翠の道と言われるように全国北は北海道から南は沖縄まで糸魚川で採掘された翡翠が確認されており、黒曜石と並んで縄文贈与の象徴物とされています。 しかしこの翡翠についての採掘から利用方法、移動手段の情報(=ディテール)はこれまであまり注目してきませんでした。
今回も「縄文探検隊の記録」の中から翡翠に関して書かれた記事を紹介してみます。 ■は私の問いかけ >は著書の抜粋

■翡翠とはどんな石? >蛇紋岩層に入り込んでいる硬い鉱物、輝石の一
  続きはこちら
 
  List
  この記事は 221318 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_343259
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp