この記事の読者は累積1173人です。
 
脳回路と駆動物質
343233 ミクログリア細胞がシナプスの新生を促している。
 
岸良造 ( 66 香川 技術者 ) 19/02/10 AM00 【印刷用へ
>ミクログリア細胞が神経細胞に接触するとシナプスの元になるとみられる「フィロポディア」という構造ができてシナプスの新生を促している様子が分かった。
>これに関連した他のマウス実験でも、ミクログリア細胞がシナプス新生を促進し、脳神経回路の形成や機能維持に重要な役割をしていることが確認できたという。
上記の研究論文を転載します。

リンク
________________________________________________
ミクログリア細胞が脳神経回路形成に重要な役割 生理学研と山梨大が解明

脳などで免疫機能を担っている「ミクログリア細胞」が神経細胞をつなぐシナプスの新生を促して発達期の脳回路の形成上重要な役割をしていることを、自然科学研究機構生理学研究所と山梨大学の研究グループが明らかにした。この免疫細胞は脳卒中などで傷付いた脳を守る「脳内のお医者さん」とも呼ばれていたが、今回新たに脳回路でも大切な働きをしていることが分かった。

ミクログリア細胞は、脳や脊髄で免疫細胞として働き、脳卒中や脳梗塞などの脳障害が起きた際は死んだ細胞や老廃物を細胞内に取り込んで 除去することで脳内を守る働きを担っているとされていた。しかし、脳から取り出すと細胞の状態が変化してしまうために脳内での機能を詳しく調べることは難しかった。

今回、生理学研究所生体恒常性発達研究部門の鍋倉淳一(なべくら じゅんいち)教授や山梨大学医学部薬理学講座の小泉修一(こいずみ しゅういち)教授らの研究グループは、特殊な顕微鏡を使い、発達期のマウスの脳内でミクログリア細胞と神経細胞がどのような接触状態になっているかを詳しく観察することに成功した。

顕微鏡観察では、ミクログリア細胞が神経細胞に接触するとシナプスの元になるとみられる「フィロポディア」という構造ができてシナプスの新生を促している様子が分かった。これに関連した他のマウス実験でも、ミクログリア細胞がシナプス新生を促進し、脳神経回路の形成や機能維持に重要な役割をしていることが確認できたという。

研究グループは、シナプスの形成異常が関係する脳の病気の予防や新しい治療法開発につながる可能性がある、としている。
______________________
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_343233
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
344460 シナプスの表面形状をナノスケールで解析することに成功 (東大研究グループ) 立川久 19/03/27 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp