この記事の読者は累積4913人です。
 
健康と食と医
340719 糖質オフ食事法は真っ赤なウソ・・・世界一健康なボリビアの先住民の5年間にわたる「保健と健康に関しての調査」より
 
本田真吾 HP ( 壮年 香川 建築家 ) 18/11/09 PM11 【印刷用へ
米カリフォルニア大学サンタバーバラ校と、アメリカ保健福祉省や国立衛生研究所などとの共同プロジェクトとして、5年間に渡る「保険と健康に関しての調査」が行われた。

その結果、ボリビアのアマゾン地域に住む先住民族であるチマネ族は、世界で最も心臓病になる率が低いという結論が出た。

彼らは、カロリーの大部分を炭水化物から摂取し、日本をはじめとする、現在主流の低カロリー・糖質オフの栄養学とは真逆の、高カロリー・高糖質・多繊維質の食事で。健康な体をを作っている。これは日本の伝統食と同じだ。

また、市場社会との関連が増えている地区おいては、脂質・精製糖などの食品が増加し、健康が損なわれれることもわかった。

まことしやかに語られる現在の栄養学のウソに惑わされてはならない。

////////////////////////////////////////////////////////////////
食物に対しての考察(リンク

アマゾンに住む先住民族たちの食生活から、私たちは、西洋の食生活が健康や健康にどのように影響するかを垣間見ることができる。心臓の健康という観点から見ると、ボリビアのアマゾン地域に住む先住民族であるチマネ族は理想的な人々だ。知られている限り、彼らは世界で最も心臓病になる率が低い。

彼らは、血圧も総じて低く、肥満率、コレステロールレベルも優良で、さらには、2型糖尿病の発生率も最小限のレベルだ。そして、彼らの場合、加齢と共にこれらの数値が悪化していくということもないように見える。
(中略)
それによると、チマネ族の 1日の平均摂取カロリーは 2,433 - 2,738 キロカロリーと高カロリーであり、これは、炭水化物の摂取量が多いこと、および高タンパク、そして脂肪の摂取量が少ないことに特徴づけられた。

チマネ族のエネルギー摂取のそれぞれの割合は、
・炭水化物からのカロリー摂取が 64%
・タンパク質からのカロリー摂取が 21%
・脂質からのカロリー摂取が 15%
という内訳だった。

さらに、チマネ族は、平均的なアメリカ人と比較すると、多種多様な食品を食べて「いない」ことも特徴だ。彼らのカロリーの約 3分の 2は炭水化物(複雑な炭水化物)、特にプランテン(熱帯やアフリカで主食として食べられているバナナのような形をした果実)とキャッサバに由来している。他に、カロリー摂取の 16%は 40種以上の魚から、そして 6%は野生の果実や木の実からのものだった。市場などで購入したものは 8%だけだった。

このように、チマネ族の食事は多様性は低いが、しかし、研究者たちの調査では、チマネ族には微量栄養素欠乏症などの兆候はほとんどみられなかった。

彼らには、カルシウムといくつかのビタミン(ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK)が不足していたが、心臓血管の健康につながるカリウム、マグネシウム、セレンの摂取量は、平均的なアメリカ人の摂取レベルをはるかに上回っていた。

食物繊維の摂取量は、平均的なアメリカ人のほぼ 2倍だった。

この研究は 5年間にわたって続けられたが、その期間の中で、チマネ族の摂取する総エネルギー量と炭水化物の摂取量が特に市町村に近い場所にあるチマネ族の村では、大幅に増加するのが見出されていた。これは、流通の発達が、アマゾンの先住民族たちんが住む地域にまで拡大していることが原因だ。それと共に、食品添加物(ラード、油、砂糖、塩)の消費量も大幅に増加した。
(中略)
結論 : 炭水化物を多く含む高カロリー食は、少なくとも身体活動的な生活習慣と結びついた場合は、心血管疾患のリスクの低下と関連する。

チマネ族の成人は 1日平均 1万7000歩あるく。平均的なアメリカ人が 1日に歩く数は 5,100歩だ。しかし彼らでも、移住などにより、現在の食事のような食生活(植物繊維が豊富で、脂肪が少なく、塩分と砂糖を使用しない食生活)から離れることは重大な健康上のリスクとなる。

実際、ボリビアでの人々の栄養摂取状態の変遷は、ボリビアの人々の体脂肪および体質指数の上昇傾向と一致している。チマネ族も、そのような状態になれば、心血管疾患の低い罹患率は存続しない可能性がある。
(中略)
先住民族たちの中でも、肥満、2型糖尿病、心臓病の割合は、伝統的な食事をしなくなっている先住民グループの中で高いことが見出されている。例えば、アメリカの先住民族や、オーストラリアのアボリジニなどがそうだ。そして、チマネ族においても、そのような変化が近づいている。

クラフト教授は、こう言う。

「今は重要な時期です。昔に比べて道路が整備され、川においてもボートでの物流が頻繁となっているため、先住民族が以前のように孤立することがなくなっているのです。早いペースで彼らの食生活は変化しています」

世界で最も健康だったチマネ族だが、プロジェクトの医療チームは、チマネ族の間に糖尿病患者が発生しているのを見始めている。これもまた、研究の期間の中で、チマネ族の生活に入り込んだ「精製された砂糖」と「脂肪」を彼らが定期的に摂取するようになり、次第にその摂取量が増加したためだと考えられている。
(中略)
なお、現在のチマネ族の高い炭水化物の摂取は、「(心臓の健康という意味から考えて)前例のないものではない」とクラフト教授は述べている。

「たとえば、日本の沖縄は、心臓血管疾患の率が低い地域として有名ですが、彼らの食事は約 85%が炭水化物として出されます。しかし、その共通の特徴は、ほぼ全面的に複雑な炭水化物であることです。それは沖縄の食事であるサツマイモです。そして、ここチマネ族では、それがプランテンとキャッサバにあたるのです」
(中略)
///////////////////////////////////////////////////////////////////
言ってみれば、宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」の、
「一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ」
というような世界ですかね(一日に四合は大食いレベルの食べ過ぎですが)。
 
  List
  この記事は 339454 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340719
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
346036 ヴィーガン(完全菜食主義者)の子供、まったく成長せず歯もないことが判明 中田燿平 19/05/19 PM10
341048 医学的に「健康に良い食べ物」は5つしかない? 前田重男 18/11/22 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp