この記事の読者は累積2140人です。
 
試験・身分制度の根深い害
340665 資格を30個以上取得した私が「資格はいらない」と言う理由
 
匿名希望 18/11/08 PM00 【印刷用へ
リンク
以下リンクより引用
_____________________

資格は「基本を覚えられる!」と言う人もいるかもしれないけど、私がWebデザイナーになった最短距離は資格ではなく「実践」でした。
資格で確かに基礎を勉強するかもしれないけど、実践には叶わない。
実践というのは、いきなり仕事をするのも有りだし、自分のWebサイトをいきなり作り始めることです。

実践は無料で最短で技術が取得できます。
資格は有料で遠回りしながら技術が取得できます。

資格を30個取るよりも、Webサイトの注文を1件こなすほうが勉強量ははるかに多い。
どっちを選ぶかは自分次第、私は実践で覚えていくことを選んで(というか実践で覚えざるを得ない状況だった)やってから、資格の教科書見ると「これ、実際に自分でサイト作るほうが早いよね。」ってやっぱり思います。

・就職でも仕事でも結局、資格は役に立たない
就活するときに履歴書の資格の欄はいっぱいで書ききれませんでした。
これで有利になるかな!と思っていたのですが、いざ選考での反応は、
「この資格ってなに?」
「まあ、資格はどうでもいいんだけどお…」
「なんでこんなに資格とったの?」
Σ\(°ω° )/!
大企業を受けに行くつもりがさらさら無かったので、中小企業を2社ぐらいしかまともに受けなかったのだけど反応は全然ダメでしたw
結局勤めることになった会社も「資格ってなんのためにあるんだろうね」で、終了。
いざ、私も社会人になって仕事をしているけど、資格で学んだことは一個も使っていません。
一個もというとオーバーかもしれないけど、結局は実践で実際に作りながら覚えた知識のほうが仕事で役に立ています。

・資格を持っている事が注文や信頼に繋がる事はない
今思い出したけど、以前私は「資格はいらない8つの理由」っていう記事を書いていました。
この記事をTwitterでツイートしたら、「僕は資格を持っていたからお客さんから注文をもらえたんです!」っていうリプが来た。

私は言ってやった、
「そのお客さんは資格であんたに決めたんじゃなくて、あんたの人柄とあんたの仕事内容を見て決めたんでしょ。逆に資格だけで決められるって虚しくない?」
2年前のことだから言葉は覚えてないけど、こういう内容の事を言ってやった。
そしたら、
「そうです、、、変なこと言ってすみませんでした。ありがとうございます。」
って返事来たよ。
あくまでお客さんは「仕事内容」「実績」「人」で注文を決めてそこから信頼関係を築いていくのであって、資格が信頼に繋がることは無いんだと思う。
もしも資格で決める人がいるなら、その人はかなり時代遅れだからお客さんとして一緒に仕事するのはちょっと避けたい。
取っていいと思う資格は、「取得しないと仕事ができない資格・免許」「仕事になる資格」だけど…
医療系や保育士など、そもそも取得しておかないと仕事をしてはいけないと法律で決まっている「資格」は取らないと仕事にならないので取ったほうがいいと思います。
それは「資格」というより「免許」と言ったほうがいいのかも。
資格もあくまでツールの一つで、自分の仕事に繋げる事ができる資格は取って正解だと思う。

お客さんも時代の変化とともに賢くなっていくから、小手先で中身の薄い「資格で安心感」というツールを使うのも今は通用しないんだよね。
お客さんの安心感に繋がったのは資格ではなくて、「実績」「経験」「経歴」「実際に購入したお客様の声(評判・口コミ)」でした。
心からの接客を行う、という基本中の基本が結果的に「お客さんの安心感」に繋がっています。

仕事になる資格って今はほとんど無いんじゃないかな?って思う。
資格を取ったから仕事が入るんじゃなくて、利益を生み出せる行動力があるかどうかなんじゃないかな。
ムダに資格を取ることをするよりも、利益を生み出すにはどうすればいいのか実践していく方が早くて身になる。

・資格は助けてくれない
私は高校生の時に、知識も何もないまま小さいながらネットショップを立ち上げました。
そこでその時流行っていた「ミサンガ」を手作りして販売していたのですが、知識がまったくないので調べながら作っていきました。
中学生の時にWebサイトを作って作り方は覚えたのだけど、特定商取引法なんて知らなかったし、お金をどうやって受け取ったら良いのかも知らない状態です。
売れた時に、「あれ、お金ってどうやって受け取ればいいんやろか(^o^)」ってなってましたw
結局、その代金分の切手をいただいていました。
途中でどなたか親切な方に、「ネットで物を販売するときは、特定商取引法に基づく表記をしなければいけないっていう法律できたんだよ。」って教えてもらったような気がします。
「勉強をしてからやる」っていう発想ではなくて「実際にやりたい事を実践しながら覚える」と、強いです。
資格を勉強している間に、失敗が沢山できることも大きなメリットでした。
あと、自分で調べる・自分で解決できるクセをつけることもできたのも大きな利益になりました。
失敗が少ないほど、成功は遠くなる
失敗している=行動している証拠私はブログや仕事を通じて学ぶことが多くあります。
上手な検索の仕方を覚えることにも繋がりました。
上手な検索の仕方、覚えると便利ですよ!

こうして私が会社に勤めていたときも、自分で調べて解決できるクセがついていたので、社内では上司からピッチャー的な存在と言われていましたw

そして会社からも卒業してフリーランスになることもできました。
資格は重要じゃないし、資格は自分を助けてくれません。

実践で身につけた失敗と技術とノウハウが、自分を助けてくれる強い味方になります。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340665
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp