この記事の読者は累積2002人です。
 
健康と食と医
340507 悪玉コレステロールが高いほど長生き!その@
 
takigawa hayami ( 大阪市 ) 18/11/02 PM08 【印刷用へ
リンクより転載します。

======
■脳卒中やがんなどの総死亡率も低くなる

「コレステロールは低い方がいい」「肉は少なく、魚を中心に」「BMI(体格指数)が肥満なので痩せなくてはならない」「脂肪の多い食事は避けるべき」などと、思い込んでいないか?

「よく知られる長寿・健康学はほぼ間違い。国際的に評価されている論文は、まったく逆のことを示しているのです」

 いわゆる悪玉といわれているLDLコレステロール、総死亡率、循環器疾患死亡率の関連を60歳以上で検討した世界中の論文を総合評価した、世界初の研究が2016年に報告された。

それによれば、19の対象集団のほとんどがLDLコレステロール値が高いほど総死亡率が低く、長生きするという結果だった。

 また、茨城県民男女約9万人(40〜70歳)を10・3年追跡調査したところ、LDLコレステロール80r/デシリットル未満の死亡率を1とした場合、脳卒中やがんなどの総死亡率はLDLコレステロールの値が高くなるほど低くなった。

 総死亡率は寿命と表裏一体のため、LDLコレステロールが高いほど長生きするということになる。

「これはほんの一例で、コレステロール、BMI、脂肪、タンパク質などは数値が高い方が寿命が長い。粗食を良しとしてきた日本人の食事は、それでなくてもコレステロール、脂肪、タンパク質の摂取量が少ない。しかも今、1日当たりの総エネルギー摂取量は減少しており、飢餓状態だった1946年の1903キロカロリーを下回っています」

=====
続きます。
 
  List
  この記事は 335548 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340507
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
340508 悪玉コレステロールが高いほど長生き!そのA takigawa hayami 18/11/02 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp