この記事の読者は累積2904人です。
 
原発
340439 お寿司屋さんの訃報や体調不良による休・廃業が増えてきた
 
橋本正雄 ( 60代 香川 エンジニア ) 18/10/31 PM08 【印刷用へ
じわりじわりと日本人を含む人類に影響してくる。分からないから怖い。放射線の影響は本当のところどうなっているのだろう。



 ★阿修羅♪より引用
リンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラーメン店ほどではないが、ここ1、2年、お寿司屋さんの訃報や、体調不良による休・廃業が増えてきているようだ。

やはり、鮮魚の放射能汚染の影響がジワジワと出てきているのだろう。

先日、「すきやばし次郎」の店主・小野二郎さんを追ったドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」(デヴィッド・ゲルブ監督 2011年)を観て驚嘆した。

寿司一筋に生きていた小野さんが握る寿司は誰も到達しえない高みに達しており、世界中のグルメや評論家から極めて高い評価を得ている。

これは日本が世界に誇る食文化だと言ってよいだろう。

しかしそれも今や風前の灯である。

厳しい修業を嫌って後を継いでくれる若者がなかなかいないそうだが、
それに加え放射能汚染が追い討ちをかける。

寿司職人として一人前になる前に、被ばくによる健康被害で倒れてしまうかもしれない。

東電が100万トンを越える汚染水を福島第一原発から太平洋に放出すれば、
寿司を含む日本の魚食文化はトドメを刺されるに違いない。

長年、人間が築き上げてきた優れた芸術も文化も伝統もすべて容赦なく徹底的に破壊する。

それが原子力事故である。

原子力も核兵器も、一日も早くこの地上から無くさないといけない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
  List
  この記事は 339955 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340439
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp