この記事の読者は累積1274人です。
 
子育てをどうする?
339920 男の子の才能を伸ばす親はあえて「放置」する
 
真鍋一郎 ( 29 鹿児島 会社員 ) 18/10/11 PM10 【印刷用へ
以下(リンク)引用
---------------------------------------------
■同じことでもやりたいだけとことんさせる
私たち親は、子どもが何かできるようになると、「では次のステップに」とすぐにハードルを上げてしまいます。たとえば、ブロック。大きなブロックが組み立てられるようになると、「じゃあ、これよりも小さいものを」と、これまでよりも手先の器用さを必要とする小さいブロックに替えてしまいます。そうなると子どもは、小さいブロックをうまく扱えるようになることだけに、多くの時間を費やすことになります。

しかし、こだわりの強い男の子にとって大切なのは、自分が納得するまで同じことを「やり続けること」。そうすることで試行錯誤を繰り返しながら、新しい工夫をしたり、アイデアを出したりすることができるのです。親が勝手にハードルを上げてしまうと、そのハードルをクリアすることに時間を取られてしまい、創意工夫するという段階に到達することができません。

■できることはすべて任せる
特に、男の子のお母さんは息子に手をかけすぎています。同じお母さんでも、娘にはそうでもないのに、息子となると放っておくことがどうしてもできないようです。男の子は女の子に比べて、成長がゆっくりな場合が多いので、ついつい手伝ってあげたくなってしまう気持ちはわかります。しかし、手伝いすぎることで息子さんから大切な機会を奪っているということを、私たちは自覚しなければなりません。

洋服を着るにも、靴を履くにも、練習が必要です。手伝うことでこのような練習の機会を奪われた子は、いつまで経ってもうまくできるようにはなりません。

手助けは最小限にとどめてください。「靴下を履かせて」と言われたら、どこができて、どこができないかを見てください。靴下をつま先にかぶせるところまで。「ペットボトルを開けて」と言われたら、緩ませるところまで。必ず、できないところだけ最小限度手伝って、できるところは、たとえ時間がかかろうと、たとえできばえがよくなかろうと、子ども自身に任せるようにします。こうすることで、子ども自身も練習の機会を確保することができるからです。

共働き夫婦や、きょうだいが多いご家庭では、「忙しすぎて、子どもと十分にかかわれない」というお悩みを持つ親御さんが多くいらっしゃいます。しかし、この「親がいつもそばにいられない」という状況は、子どもの成長にとってプラスの側面があります。手助けしてくれる大人がいなければ、子どもは自分でするしかありません。自分で考え、工夫しながら成長できる環境は、なんでも手伝ってもらえる環境よりも、子どもの才能を伸ばすうえで良い影響を及ぼすのです。

また、男の子は作業中に声をかけられることをとても嫌います。これはお父さん方ならわかっていただけるはずです。私もパソコンで作業をしている時に、横から声をかけられると、ついイライラしてしまいます。集中が途切れてしまうからです。逆にマルチタスクが得意な女性は、このように声をかけられても気にならずうまく処理できる方が多いようです。

これは子どもも同様です。女の子はペチャクチャとおしゃべりをしながら、工作をしたり、クッキングをしたりしているのですが、男の子はたいてい黙々と作業を続けています。このように、作業をするときに集中していたい男の子にとって、作業中のアドバイスや注意はノイズ以外のなにものでもありません。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_339920
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp