この記事の読者は累積2283人です。
 
心の本体=共認機能の形成過程
339878 子供の愛情の深さ〜「自分の都合」なんて存在しない
 
鈴木葵 ( 29 埼玉 会社員 ) 18/10/10 PM00 【印刷用へ
相手が笑ってくれたら、喜んでくれたら嬉しい。
大人になるにつれて余計な観念によって封鎖されてしまいがちだが、人間の根底にはこの、相手と一体になって、安心して(心地よく)居たい想いがあるのだと思う。
そのために「自分の都合」を取っ払って行動する姿は、大人こそ見習いたい。

+++以下、リンク(Twitterのまとめサイト)より一部引用+++

◆大きな無償の愛で返り討ちにされました
「何度か試したんだけど、娘に向かって「ちょっと疲れたから抱っこしてよ」とか「淋しいから抱っこさせて」って言うと、今やってる事を中断してハグしてくれる。 そりゃこっちの「洗い物終わったらね」なんて理解できるわけないよなぁ。

本当はわざと娘に抱っこをせがんで、 「いや!いまこれやってるから!」 って言われると思ってて… 「わかった。待ってるね!」って私が言って待つという事を教えようとしたんですよ。 所が大きな無償の愛で返り討ちにされました。 かなわんねぇ。」

>「先程試しに息子がお昼を食べている最中に抱っこを求めたら、食べている手を止めてハグしてくれました。食べ物への執着心がとても強い子なのに... 無償の愛には敵いません」


◆結局めちゃくちゃニコニコ
「イライラしたり焦ったりしてると長男2歳がよく「ママ、にこにこして?」って言ってくるんだけど、あ〜もう無理って時に『ママいまニコニコできないよ』って返事したら「じゃあ長男くんが、にこにこする!」ってくしゃくしゃのエビス顔の幼児が目の前に現れたので結局めちゃくちゃニコニコしてしまった。

結果的にいつも以上にニコニコさせられてしまったんだけど、よく考えたらニコニコじゃなくてニヤニヤだったかもしれない。」

>「うちの娘も私がイライラしてると「ママ笑って!」と言います。「無理ー」と言うと、「でも、笑って!」と。辛いときこそ笑顔を作る、を、教えたわけでもないのに、強要する5歳娘。本能的なとこに辛いときこそ笑顔、ってのがあるんですかね。」
 
  List
  この記事は 335870 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_339878
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp