この記事の読者は累積1603人です。
 
地震・噴火・気象
337968 マグマには電流が流れ、地球を駆動している
 
どーんと行こう ( 50 自営 ) 18/08/11 AM01 【印刷用へ
従来の地球科学は、マグマの存在が何をやっているかを明らかにしていない。マグマがなぜ溶けているのかも不明だ。電気的地球科学では、マグマには電流が流れ、地球を自転させるファラデーモーターを構成していると考えている。マグマの周囲で起きる地震は、余った電流が放電しているために起きる。放電は地球の自転速度を安定化させる役割を持つ。ハワイのキラウエア火山が頻繁にマグマを噴出しているのは、地震と同じでマグマの量を調節しているからだ。

破壊学事始より、リンク

すでにこのブログでも言及しているが、地球の自転は太平洋火山地帯のマグマをコアにしたファラデーモーターによると説明してきた。もう一度、まとめて説明してみる。

地球の自転が周期的に変動していることは、IERSが観測しているLOD(length of day)のデータからわかっている。自転の原因が大昔起きた大衝突による慣性であるなら、自転速度が遅くなることはあっても速くなることはない。このことからも、自転はなんらかの動力によると考えられる。

5.9年周期で変動する自転速度
ところで、太平洋を取り巻く太平洋火山帯の地下には、マグマが帯状に存在する。マグマは何かの力によって東側に強く引かれている様子が見て取れる。

マリアナ海溝

カリブ海

サンドウィッチ諸島
カリブ海とサンドウィッチ諸島の地形は、大陸の隙間からマグマが大きく引っ張り出されている様子がよくわかる。

これらの地形は地下のマグマが内部に流れる電流のために生じるローレンツ力で引っ張られている証拠だ。マグマに電流が流れていることは、噴火の際に現れる放電が示している。火山雷だ。

太平洋をぐるりと取り巻くマグマがモーターのコアになって地球を回転させている。自転速度に周期性があるのは、磁場の変動と関係していると思われる。

地磁気観測所より
地球磁場は太陽黒点と連動している。地球の自転は太陽活動と深く関係しているのだ。
 
  List
  この記事は 337883 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_337968
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp