この記事の読者は累積1225人です。
 
学校って、必要なの?
337949 高卒のぼくが教える、大学に行く意味がない理由@
 
北尾璃枝 ( 29 北摂 会社員 ) 18/08/10 PM07 【印刷用へ
大学へ行くことの無意味さが納得できる記事
高卒のぼくが教える、大学に行く意味がない5つの理由リンク
を紹介します

***********

ぼくは公立高校の、いわゆる自称進学校に通っていました。

周りのほとんどはセンター試験を受けて、どこかしらの大学へと進学していきました。

それから4年間経った今、ぼくの周りは就職活動で大忙しです。

当時のぼくは、高校卒業後の進路として2つの道で悩んでいました。

1つは自分が昔からやりたかった『料理』を追いかける道。

もう1つは大学に行ってやりたいことを見つけながら料理は趣味としてやる道。

結局は、料理一本に絞り、さらには専門学校へは行かずに日本料理屋の厨房で料理を学ぶという道を選びました。

今改めて考えると、大学に行かなくて本当に良かったです。

むしろ、大学に行く意味なんてないとすら思ってます。

 

大学に行く意味がない理由 1. 大学に行くのはコスパが悪い
図からわかるように、学費がバカ高い。

・国公立220万円

・私立文系360万円

・私立理系500万円

それなのにも関わらず、夜中までどんちゃん騒ぎをして、結局朝だるくなって授業をサボる。
はい、完全にお金をドブに捨てていますね。親御さんが学費を払ってくれてるなら、とんだ親不孝者です。
実業家でおなじみの堀江貴文氏も、以前インタビューで大学に行く意味について言及しています。

■参考堀江貴文・独占インタビュー「大学に行くのはお金と時間のムダ」 | 【7月毎日更新!】一流の秘密ベスト新書15周年スペシャルバージョン/岡崎慎司/堀江貴文/島田雅彦/岸見一郎

日本の大学なんて出たところで即戦力になんかならないんですよ。東大を含めてほとんどの日本の大学は実務的に使える教育なんて一切やっていませんから。
僕の時代も東大にはコンピュータサイエンスの学科すらなく、似たような学科でもプログラミング言語ではパスカルなんて教えていたくらいです。もっと実用的な言語を教えないとIT企業に入ったところでまったく役には立たない。
いまも似たようなもので、大学で実務に役立つネットワークの知識を学んだ学生なんてあんまりいないのが実情。

バカ高い学費を払って大学に行ったのに、社会に出てから必要なビジネススキルを学べるわけでもありません。

実際にぼくの周りの大人も大学行っても意味なかった何て言っている人は多くいます。

挙げ句の果てに、就職活動の時期にさしかかっても「自分のやりたいことがわからない」こんなことを言ってる人をちらほら耳にします。

.あれ?それ高校卒業する時も言ってなかった?

今の時代は、大学に行かずとも、自分が学びたい知識は簡単にネットから無料で拾ってこれちゃう時代です。

やろうと思えばなんでも独学で学べる、そんな便利な時代になったんですよね。

大学に大金払うくらいなら、格安で語学留学できるセブ島で、ビジネス英語を1年間みっちり勉強した方がよっぽどいい。

英語をマスターすればいくらでも仕事はあるし、その1年間は自分の人生の中でかけがえのない経験になります。

そして、その経験は間違いなく自分のキャリアに直結することができます。

ぼくが行ったセブ島留学は、1ヶ月間で学費・宿泊費・食費込みで約13万円でしたよ。完全にコスパ最強ですよね。

大学って本当にコスパが悪い。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_337949
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
338338 真面目に勉強するほど失うもの 佐藤ほのか 18/08/19 PM07
337950 高卒のぼくが教える、大学に行く意味がない理由A 北尾璃枝 18/08/10 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp