この記事の読者は累積13592人です。
 
生物の起源と歴史
337908 性の進化史1〜性と雌雄分化から見た生物史
 
ブログ 生物史から、自然の摂理を読み解く 18/08/09 AM00 【印刷用へ
男女を区別するものはなんでしょうか? 生物学的に言えば、その違いはY染色体にあります。動物の性差を決定づけるのは性染色体です。これにはよく知られるようにXとYとがあり、X−Xの組み合わせからは女性が、X−Yの組み合わせからは男性が生まれるます。

ところが、そのY染色体は、数百万年にわたって減少していて、いずれ消滅してしまうかもしれないと考えられています。X染色体には1000以上の遺伝子が含まれているのに、Y染色体には78しか存在しません。もともとは同じ数だったのに、次第に減少して現在の数になったのです。

ではなぜ、Y染色体の遺伝子は減少し続けているのでしょうか?そもそも、なぜ減少するのでしょうか?

性の進化史を紐解きながら、この疑問を追求したいと思います。    続きはこちら
 
  List
  この記事は 305379 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_337908
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
[性の進化史] 「性」はなぜ存在するのか? 1〜無性生殖と有性生殖 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 18/08/14 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp