この記事の読者は累積680人です。
 
新しい共認勢力
334892 反グローバリズムの潮流(オーストリアで極右派が参加する連立政権樹立、EU離れが加速)
 
ブログ 金貸しは、国家を相手に金を貸す 18/04/16 PM09 【印刷用へ
昨年10月のオーストリア総選挙では、EUの移民政策に反対する国民党が第1党となり、極右派の自由党との連立協議に入りました。反グローバリズムの潮流(オーストリア総選挙、右派と極右で連立協議)。そして昨年の12月には国民党と自由党の連立政権が樹立されました。
オーストリアはその後、どんな状況になっているのか調べてみました。 まず、大きく変わったのが移民政策です。具体的に次のような政策が採用されています。 −難民申請の際には、手持ちの現金と携帯電話を当局に渡すこと(没収した現金は難民申請者の基本的なケア費用 続きはこちら
 
  List
  この記事は 334675 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_334892
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp