この記事の読者は累積4385人です。
 
学校って、必要なの?
334060 知識を詰め込むほど、人間的にどんどんダメになっていく
 
匿名希望 ( 40代 教育業界 ) 18/03/13 PM09 【印刷用へ
多くの知識を詰め込むことが評価されがちな日本だが、本当に大切なのは思考力。むしろ知識があることで、人間的にどんどんダメになっていく。知識と思考力は反比例するからだ。

『思考の整理学』の著者、外山滋比古氏が警鐘を鳴らしている。

以下、リンクより抜粋。

>だいたい、勉強といえば本を読むことだと思っていること自体が大間違い。知的な活動の根本は記憶によって得られる知識ではありません。

>試験の成績がいいことを才能だと、日本人は考え違いをしている。

>他の人が知らないことを知っていたりすると、優越感を持ったりするでしょう。本好きな人は知識があることで人間的にどんどんダメになっていく。

>知識と思考力は反比例します。知識が多い人ほど考えない。知識を自分のもののように使っていると、物マネ癖がついてしまいます。

>多くの知識を詰め込むことが評価されがちな日本だが、本当に大切なのは思考力。他人が考えた知識や思考を真似ることではない。

>人間、知識をため込むだけではダメ。生活に根ざした自分なりの考えを持ってこそ人間なのです。

確かに教育の現場でも、小学生<中学生<高校生<大学生<社会人、と知識が増えていくにつれて、自在に物事を考える力が低下していっている。「沢山の知識を持っている人ほど、人間として優れている」という誤った常識が、私達の思考力を奪っている。
 
  List
  この記事は 316676 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_334060
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
334513 小学生の時一番楽しかった授業 狒狒 18/03/31 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp