この記事の読者は累積10197人です。
 
日本を守るのに、右も左もない
333588 種子法廃止+農業競争力支援法=モンサント法、日本固有の種子遺伝子が絶滅?
 
花山薫 ( 兵庫 会社員 ) 18/02/20 PM01 【印刷用へ
種子法廃止+農業競争力支援法→外資系参入→地域独自の種子、品種価格上昇→伝統的農家崩壊、海外種中心へと農業支配はすすむ。その中心がモンサント。種子法廃止及び農業競争力強化支援法の実施でどうなる?

〉過去に、種子法の下で予算がつけられ、圃場(ほじょう)において蓄積された、様々な種子に関する知見を、民間事業者へ提供する……。予算、ですから、日本国民の税金により作られた「種の知見」を、民間事業者に譲り渡すわけです。しかも、例により外資規制はありません。

売国、以外に、どのように表現すればいいのでしょうか。

種子法が廃止され、農業競争力強化支援法が成立したことで、モンサントは日本の各地域の多様性に道が種の知見を手に入れ、「ちょっと変えるだけ」で生物特許を取ることができます。公共財である日本の種が、外資を含めた「ビジネス」へと変わることになります。

種子法廃止後、種子は育生者権保護を強化した種苗法で管理⇒種苗法では、登録品種を「種子として販売・無償配布しない」という誓約書にサインを求められる
農業競争力強化支援法により、公的な種苗の生産に関する知見が民間事業者に提供される
特定企業が、過去に日本政府や地方自治体が蓄積した遺伝子を活用し、開発した新品種の「特許」が認められる⇒本来、公共財であった種の遺伝子の権利が特定企業に移行
低廉な種子を供給してきた制度が廃止され、種子価格が高騰する可能性が高い
日本国内で開発された種が外国の農場に持ち込まれ、農産物が生産される⇒「安価な日本原産の農産物」が、日本に輸入される
国内の種子の多様性が奪われ、遺伝子クライシスの恐れが発生
モンサントなどの遺伝子組み換え作物の種子が広まり、日本固有の種子遺伝子が絶滅する マネーボイスからの引用リンク
 
  List
  この記事は 333576 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_333588
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
336211 外資が種子独占し農業を支配する構造の行方 本田真吾 18/06/04 PM09
335869 【驚愕】種子の自家採種、農水省が原則禁止に大転換か!?自家採種禁止に衝撃!法改正も視野 花山薫 18/05/22 PM03
335792 優れた種子は民族の資産であり、食料メジャーの専横(種子法の廃止)を許してはならない 持国天 18/05/19 PM09
335591 日本の農業を潰す種子法廃止とは? 今野恵祭 18/05/12 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp