この記事の読者は累積2978人です。
 
新しい共認勢力
333437 中国、人民元建て原油先物を上場へ。ドル基軸通貨の終焉へ向かうか。
 
匿名希望 18/02/13 PM08 【印刷用へ
中国、3月末に人民元建て原油先物を上場へ
リンク 
----------------------------------------------------
 中国は人民元建ての原油先物を3月26日に上場する。中国証券監督管理委員会(証監会)が9日に発表した。中国は米国を上回る世界最大の原油輸入国で、自国の需要動向を国際価格に反映させることをめざす。中国の先物市場として初めて外国人の参加も認める。

 上海先物取引所傘下の「上海国際エネルギー取引所」に上場する。取引は中東産原油を対象とし、米国のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)や欧州の北海ブレントが国際指標となっている現状に対抗する狙いだ。

 米エネルギー情報局(EIA)などによると中国の2017年の原油輸入量は日量840万バレルで、790万バレルの米国を初めて上回った。中国は最大の原油輸入国になったのに、欧米主導で国際価格が決まることに強い不満を抱いてきた。原油先物を自国に上場することで既存の価格形成のあり方に一石を投じる。

 制度設計からも、原油価格の新指標を自国内に持ちたい中国の狙いはみてとれる。原油の輸入元は中東やアフリカ、ロシアなどに偏る。対象を中東産にすることで、価格変動リスクをより回避しやすくなる。現物の受け渡しも可能とし、海外の資源メジャーや実需家などの取引を引き寄せる。

 海外企業が直接、取引に参加することも認める。中国が商品先物取引を外国人に認めるのは初めて。段階的に海外投資家による取引を拡大してきた株式に続く大規模な規制緩和となる。一連の制度整備を通じ、中国は原油先物を中長期的に国際指標の一角に育成する。 元の国際化に役立てたいとの思惑もある。中国の原油先物が指標として存在感を増せば、元建てでの価格が日々、多くの需要家や投資家の目に触れることになる。中国は米国と摩擦を抱えるロシアなどとの資源取引を拡大し、元建ての決済を増やそうとしている。

 もっとも、中国の原油先物が定着するまでの道のりは遠い。投資対象が限られる中国では、株式や不動産など様々な資産が投機の対象となってきた。中国の商品先物市場は個人の取引が主体で、実需を反映しない投機的な値動きをすることも珍しくない。上場した原油先物の価格が乱高下すれば、国内経済を混乱させかねない。

 中国は2015年以降、人民元取引の規制を大幅に強化してきた。外貨への両替や、国境をまたぐ資金のやり取りに制限が大きい現状では、中国の原油先物が海外でも存在感を持つとは考えにくい。国際指標に育つかどうかは中国の資本市場の開放度合いを示すバロメーターにもなる。
----------------------------------------------------
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_333437
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
334459 原油戦争開始update2 @ 立石裕美 18/03/29 PM07
333466 中国大手の「海航集団」が債務危機。バブル崩壊が日本に酷似してきた 磯貝朋広 18/02/14 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp