この記事の読者は累積899人です。
 
子育てをどうする?
333430 子ども達のやりたいことを肯定的に受け止めて、背中を押してあげる♪
 
男と女の職場話 18/02/13 PM01 【印刷用へ
こんばんは☆

教育関係の同僚から、素敵なお母様に出会ったの〜♪と教えてもらいました。

>男の子3人兄弟。
お母様によると、子どもたちからは、「20円をいくつ貯めたら1万円になるの?」「1万円あったら、○○は何個買えるの?」「普通魚の身は白いうのに鮭がピンクなのは何で?」「炭酸ジュースに氷を入れるとシュワシュワするのは何で?」など日常生活が「何?なんで?」の連続だそう!

>その中で、お母様は、
「自分が子どもの頃は何で?なんて思いもしなかったことを疑問に思っている息子を見て純粋にスゴイなー!って思います。男の子って本当に未知ですよね!笑」
とまっすぐ子ども達の天才性に可能性収束。

>加えて、毎日が実験教室になっているとのこと!
子どもが感じた「何で?」を三人で一緒になって、納得のいくまで実験しているとのこと。
「炭酸ジュースからどうすれば早く炭酸が抜けるか?」が気になり、グラスに炭酸ジュースを入れて、大量に氷を入れてみたり、ストローで息を入れてぶくぶくさせたり・・・
「洗濯機を逆周りにさせたらタービンになるんじゃないか?」と洗濯機を逆周りにさせようとしたり・・・
テレビに出てきた未習の漢字について「何でこれはこういう字を書くの?」と疑問に感じ、兄弟みんなでとことん調べまくったり・・・


普通であれば「そんなことしたらジュースが机にこぼれるからやめて!」とか「そんなことしたら洗濯機壊れる!」とか「(何で?に対しても)知らない。分からない。」と言ってしまいがちだと思うんです。(私ならなりそう・・・)

しかし、このお母様は決して彼らを止めない。
やってみたい!追求したい!という想いを受け止めて、背中を押してくれています♪

続きはこちら♪→リンク
 
  List
  この記事は 332986 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_333430
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp