この記事の読者は累積3119人です。
 
子育てをどうする?
333412 『子供の幸福度世界一』オランダ式の教育
 
匿名希望 18/02/12 PM07 【印刷用へ
オランダの教育法は昔からこのようなものだったのだろうか?
ベルギーやスイスなどの教育法も似たようなものらしい。
地頭の強さは日本の教育制度では敵わないのだろうか?
王族、貴族が治めてきた国家の特長があるのだろうか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『子供の幸福度世界一』オランダ式の教育で日本の未来が変わる?!
リンク

実はオランダは、子供の幸福度が世界一!
世界一幸せな国はブータンと言われていますが、子供だけで言えばオランダです。
子供の幸福度の高さは、オランダ独自の『教育方針』が影響しているようです。

◆オランダの学校教育とは?
オランダの学校教育は、日本の教育制度と大きく異なります。
簡単にまとめると、・入学試験なし・テストや成績表もなし・宿題なし・チャイムなし・時間割自由・学費無料・入学年齢が4〜5歳
学力や住んでいるところに関係なく自由に学校を選ぶことができ、授業は、低学年、中学年、高学年と3つに分かれて行います。異なる年齢の子どもが一緒に学んで、教え合うスタイルです。
試験も宿題もないなんて、オランダの子供達は幸せですよね(笑)でもこんなやり方で、学業が身につくのでしょうか?日本の親御さんなら、心配になってしまうかもしれませんね。

◆実は、オランダは日本より学力が高い
オランダはかなり自由な教育方針ですが、平均的な学力は日本人より高く、労働生産性に至っては日本の1.5倍です。
では、自由が優秀な人を育てるのでしょうか?自由だからというわけではなくて、自由にすることで自ら考えて行動する力が身につくので、結果的に優秀な人が育っているようです。
例えば、チャイムが鳴ったら自分で席に着く。 人の話を聞くときは静かにして耳を傾ける。 授業の内容についてこれない人がいたら生徒同士で教え合う。
それを先生やクラスみんなが見守り、助けが必要な時には先生やみんなにお願いをして助けてもらう。わからないところを教え合うことで、理解を深めたり発想や関心を広がるので学習能力がグンとアップする。すると結果的に、優秀な人が育つというわけです。
日本学校みたいに、授業中だからおしゃべり禁止!なんてことはありません。このように、子供たちは自由に授業を受けることができます。

◆自ら考えて行動する力が身につく
オランダでは、この教育方針を低学年から徹底的に行っています。生産性1.5倍も頷けます。日本の学校は、先生の話をひたすら聞き、先生の言う規則を守り、先生が主導権を握ってきたのだろうと思います。そこに頭を使うこともないし、先生の言うことが納得いかない時もあるはずです。
主導権を先生から子供に変えることで、子供たちは責任を持って行動するようになります。先生の言うことが全てではないなら、無理に理不尽なことを聞く必要もないし、先生とも対等に人間として付き合える。そして解決する力があれば、例えいじめや体罰が起こったとしてもみんなで解決することが出来ます。
このようなことが子供たちの幸福度が高まる要因なんでしょうね。決してオランダの教育制度が全て正解というわけではなくて、メリット・デメリットもあるでしょうが日本も取り入れるべきところが沢山ありそうです。
そう考えると教育制度を改善していくことで、日本の教育問題をなくすことはできるのかもしれません。日本も幸せな子供達がもっと増えるといいですね。

◆大人の世界でも、自ら考えて行動することが大事
そして子供だけでなく、大人の世界でも『自ら考えて行動する力』は非常に大事です。なんとなく社会のルールでやってはいけないことをしなければいい。言われたことをやっていればなんとかなる。周りや国がなんとかしてくれる。
こんな思考が停止したままでは、この先の人生どうなるかわかったもんじゃない。人生は自分で切り開くしかないんです。『自ら考えて行動する力』をつけるには、まずは行動あるのみ
−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
  List
  この記事は 329066 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_333412
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
334553 「幸せな国」デンマークにあって我々にないもの 山上勝義 18/04/02 AM09
333794 ベルギーの教育制度 高い落第率でも学校嫌いにならない 匿名希望 18/03/01 PM08
333701 「スゴい」「上手」はNG!? 子どものやる気がUPする上手な褒め方 匿名希望 18/02/25 PM01
333518 大学進学率がたった1割!?スイスの学校システムとは 匿名希望 18/02/17 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp