この記事の読者は累積3176人です。
 
日本を守るのに、右も左もない
333404 知的創造は母語によってしかできない。〜日本語で考える事の本質とは
 
田野健 HP ( 57 兵庫 設計業 ) 18/02/12 PM00 【印刷用へ
引き続き内田樹氏のブログから後編を紹介したい。
言葉の「可能性」の部分である。知的創造、新しい認識を生み出すには母語(=日本語)でしかできない。その根拠が内田先生の文章に書かれていた。リンクより抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカの植民地であったフィリピンでは英語が使えないとビジネスマンとしても公務員としても教師としてもジャーナリストとしてもよい職には就けません。だから、地位のある人たちはみんなみごとな英語を話します。フィリピンの生活言語はタガログ語です。でも、タガログ語ではビジネスをすることも政治や経済について語ることもできません。そのための語彙が母語にはないからです。フィリピン人のある大学の先生がこう語っていました。「英語で話せることは実利的(practical)であるが、母語では話せないことは悲劇的(tragical)だ。」
なぜ悲劇的であるのか。それはこのような言語環境に置かれている限り、フィリピン起源の政治理論や芸術運動が出現する可能性が絶望的に低いからです。知的なイノベーションは(ほとんどの場合)母語による思考から生まれてくるからです。母語が痩せ細っていれば、知的なイノベーションは始まらない。

例えば僕たちは母語でしか新語(neologism)を創ることができません。新語というのは、勝手に作れるわけではありません。条件があります。それは生まれて初めて耳にした語であるにもかかわらず、聞いた瞬間に母語話者たちにはその語義もニュアンスもわかるということです。だから、あっという間に広がる。これは外国語ではできません。自分で新語を作ってみても(例えば、不規則変化は覚えるのが面倒だからこれからは“I went”ではなく”I goed”にしようと僕が提案してみても)「そんな言葉はない」と冷笑されるだけです。

新しい言葉を創れないということは、新しい概念や新しいロジックを創ることができないということです。創造的なアイディアが思い浮かんだ時のことを思い出せばわかります。それは「喉元まで出かかっているのだけれど、まだ言葉にならない」というもどかしさを伴う経験です。アイディアは身体の奥の方から泡のように湧き出てくるのだけれど、まだはっきりしたかたちをとることができないでいる。最終的にそれなりの言葉になるのですけれど、それは手持ちの言葉を引き延ばしたり、押し拡げたり、これまでそんな語義で使った前例のない使い方をしたことでようやく達成されます。

創造的な概念がかたちをとる時には母語もまた変容する。知的創造と母語の富裕化は同期する。言葉を使うというのは、そういう力動的なプロセスなのです。道具を使うのとは違います。鋏を手に持っている時にその新しい使い方を思いついたら、鋏がその思いに合わせて形状を変え、材質を変え、機能を変えるということはあり得ません。その「あり得ない」ことが母語においては起きる。

それを考えれば、母語の運用がいかに生成的なものであるかが想像できると思います。そして、この知的創造は(例外的な語学の天才を除けば)母語によってしかできません。既存の言葉を引き延ばしたり、押し拡げたり、たわめたり、それまでにない新しい語義を盛り込んだりすることは母語についてしかできないからです。ですから、母語が痩せ細るというのは、その言語集団の知的創造にとっては致命的なことなのです。
 
  List
  この記事は 333402 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_333404
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
334662 内田樹氏が伝える同化能力とは〜解釈を手控えて、一時的に「宙吊りにできる」能力 田野健 18/04/06 PM10
333531 国家は何の為に存在するか、現在の民族収束の流れとは何を示すか? 田野健 18/02/17 PM10
333521 創造力が低い人ほど、英語を勉強する 蔵端敏博 18/02/17 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp