この記事の読者は累積2828人です。
 
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
332642 米海軍特殊部隊がカナダで7台の怪しいコンテナを追跡!アサンジ氏が米国入りしトランプを支援か?
 
達磨防人 18/01/11 PM08 【印刷用へ
 真実はディープステート(ネオコン勢力など)により、直ちに隠蔽されてしまう時勢となったようですが、注意深くこういう情報を拾い上げていく必要がありそうです。米国では新旧勢力の内戦が勃発している様相です。

リンクより引用です。
___________________________________________________________________

 新年早々、FBIの情報提供者(Qanon)や他の情報提供者を介してネット上にすごい情報が流れています。ただ、これらの情報はすぐに(ディープステートによって)削除されているようです。
多分、諜報機関内部の愛国者が次々に秘密情報をリークしているのかもしれません。

 破壊力の強い武器が積まれたコンテナがカナダからアメリカに輸送中に米海軍特殊部隊によって発見されました。ISISが絡んでいるそうです。もしこれらのコンテナが発見されなかったら、アメリカ国内で大規模なテロ攻撃が起きていたかもしれません。また、ディープステート側の政治家が大量に逮捕・拘留されたた?可能性があります。新年早々、面白い情報が飛び込んでいます。

 もしアサンジ氏の協力でトランプ政権がディープステートとの戦いに勝利したなら、ひとまずは共産主義左翼のNWOの進行を止めることができるかもしれません。ただし、トランプの正体も明らかではありませんから、その後どうなるかは謎ですが。。。

(中略)

2018年1月1日のニュース:
昨夜、FBIのQanon(ハンドルネーム)がREDDITに投稿した情報(後にツイッターで拡散)によると:

 7台の怪しいコンテナがカナダで発見され追跡されました。これらのコンテナはカナダからアメリカ合衆国に輸送されることになっていました。しかし海軍特殊部隊とSERT部隊がそれらを発見し追跡しました。コンテナの中には破壊力が強い武器が積まれており、背後にISISがいるようです。

 しかしこの情報は、直ちにREDDITから削除されてしまいました。この情報の拡散を阻止したのでしょう。

 昨日、フォックスニュースに出演していたバンジーノ氏が語っていたことと同じ事が起きています。つまり、現在、ネット上に流れている情報を確認・検証することができなくなっているのです。真実の情報が流れるとすぐに情報が削除されるようになりました。

 情報発信者が重要な情報をネット上で流すとディープステートに狙われ殺害されるか、ディープステートがメディアと結託して情報を削除・隠蔽しています。

 これらのコンテナがどこへ向かっていたのかについてはまだ完全に確認できていませんが、昨日(12月31日)、デンバーで起きた銃乱射事件はコンテナが絡んだ別の大きな策略から人々の目を反らすためだったの偽旗事件だと思います。

 また、昨日、ジュリアン・アサンジ氏が投稿したビデオ情報(暗号化された情報だが解読のカギが添付されている)はカバラをバカにした映像のように見えますが、このビデオを分析した結果、アサンジ氏がアメリカにいることが分かりました。。アサンジ氏はトランプ政権の保護下にあり、トランプと連携してディープステートと戦っています。

 アサンジ氏はアメリカ合衆国をNWOから(しばらくの間)救うことになる重大情報をトランプ政権に提供する代わりに彼の刑事責任は免除されます。QanonやBと呼ばれる人物が投稿した記事でも同じようなことが伝えられています。

 アサンジ氏はトランプに大きな影響を与え続けています。トランプが大統領選で勝利したのもアサンジ氏がヒラリーについての(秘密)情報を大量に提供したおかげでもあるのです。我々もその事実を知っていましたが、真実の情報は次々に削除されていました。

(中略)
 
 昨日、ツイッターに投稿された「新年のヒント」によれば:

・・・少なくとも30人の連邦議員がクリスマスホリデー後にワシントンDCに戻ってきません。

 ジュリアン・アサンジ氏は安全な場所にいます。彼は正義のためのキープレイヤーです。ジェフ・セッション氏はアサンジを逮捕・起訴したくて仕方ないようです。

 ジョージ・ソロスはイランの反政府抗議活動の黒幕ではありません。もうじき、8ヶ国に体制変革が起きます。そしてイランはその一つなのです。
世界的に有名なグローバリスト(ロスチャイルドなど)は、豚のようにキーキー鳴いています。

(次に、制御室のような画像が掲載されています。)

 アトランタが停電した時(2017年12月18日にアトランタのハーツフィールドジャクソン空港が停電した。)に捕まった人物は想像できないほどの大物です・・・・

 ヒラリー・クリントンよりも大物を想像するのは難しいのですが、どの大物が捕まってもおかしくありません。

 さて、つい最近、フロリダを離陸した複数の航空便の応答装置がOFFになっています。それでも何の騒ぎも起きていません。多分、これらの航空便はグアンタナモに向かったのだと思います。これらの航空便は12000m上空を飛んで行きましたが、これほど高い高度で飛行するのは非常に珍しいことです。

 30人以上の連邦議員が戻ってこないということは、これらの航空便に乗っているのかもしれません。彼らがグアンタナモに護送されていることを期待します。

 アサンジの協力の下でトランプ政権は沼の泥水をきれいにしている可能性があります。ディープステートはトランプ政権の沼の掃除から逃げることができないかもしれません。
__________________________________________________________________
(引用おわり)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_332642
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp