この記事の読者は累積2541人です。
 
学校って、必要なの?
332636 そうだ、学校を作ろう。
 
ブログ 共同体社会と人類婚姻史 18/01/11 PM01 【印刷用へ
昨年は教育改革について多くの記事をあげました。
「仕方なく生きている」と言う子どもが増えている、との衝撃の報告を受けてからです。 このような活力を全面喪失した子供たちを生み出している張本人が「学校教育制度」というわけです。
今年はさらに活力喪失の実態が顕在化してくるとともに、一方で見え始めた脱学校の動きが加速するようにも思います。 具体的に目に見える形で変わってくれば、世の中の意識が見えてくれば、ようやく親の意識も  続きはこちら
 
  List
  この記事は 332133 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_332636
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
私権社会から本源社会への大転換、その本流は教育革命 「共同体社会と人類婚姻史」 18/01/14 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp