この記事の読者は累積2785人です。
 
市場の支配構造(金貸し支配)
332503 ビットコインに対するロシアの姿勢
 
根木貴大 ( 43 静岡 営業 ) 18/01/06 PM00 【印刷用へ
今年の秋頃までは、ビットコインに対して否定的、消極的な態度を取ってきたように見えたロシアだが、ここに来て具体的な検討の開始を示唆する声明を出し始めているようだ。

以下、引用

///////////////////////////////////////////////////////////////////
■ロシア、ビットコイン・シティ建設を検討
リンク

ビットコインのマイニング(採掘)に特化した町がシベリアかロシア極東に建設される可能性がある。RTが16日に報じた。

露下院ボリス・チェルヌイショフ氏は、マイニング・シティにより、ロシア市民が収入を増やし、国家予算を補充することができるとした上で、「中国などとの国境沿いにこうした居住地を建設すれば、大きな関心をすぐにでも引き起こし、ビジネス旅行者の波が現れるだろう。こうした場所はビジネス・フォーラムとなり、海外からの投資をもたらす」と述べた。

チェルヌイショフ氏は、町が大型水力発電所の近くに作られる必要があると指摘。具体的な場所は関係省庁や専門家、民間の投資家によって決定される。

チェルヌイショフ氏によると、将来的にはロシアのマイニング・シティを基底として、米国のシリコンバレーから「トップの座を奪い取る」突出した技術の集積する場所が作られる可能性がある。氏は、仮想通貨市場がまだロシアの法律によって規制されておらず、街を建設した後に修正する必要があると指摘する。

チェルヌイショフ氏によると、12月末、露下院で初の全世界からのマイナー(採掘者)が集まる会議が開かれる。会議には米、ベラルーシ、ウクライナ、シンガポール、その他各国からの出席が予定されている。
///////////////////////////////////////////////////////////////////


///////////////////////////////////////////////////////////////////
■露中央銀行は来年ユーラシア経済連合やBRICSと仮想通貨の発行について議論する
リンク

ロシア中央銀行は、同国における国家によるデジタル通貨の導入はまったく正当化できないと考えているが、これについて2018年にユーラシア経済連合やBRICS(ブリックス)と議論を開始する。ロシア中央銀行のオリガ・スコロボガトワ副総裁が発表した。

同氏は続けて「我々の同僚と議論するのが適切だと思われる問題は、ユーラシア経済連合の領域内、あるいはBRICSの枠組み内でのデジタル通貨の導入だ。我々は同テーマに関する交渉の一番初めの段階にいる。なぜならマクロ経済及びテクノロジー的な問題が実際に非常にたくさんあるからだ」と述べた。

またスコロボガトワ氏は「来年はちょうどデジタル通貨発行の可能性へのアプローチの検討に費やされると考えている」と指摘した。
///////////////////////////////////////////////////////////////////
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_332503
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
332620 2018年、仮想通貨を待つ未来とは? 匿名希望 18/01/10 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp