この記事の読者は累積1785人です。
 
学校って、必要なの?
331704 「子どもの学力」を上げる最も効果的な方法
 
長安 ( 30代 大阪 会社員 ) 17/12/07 PM10 【印刷用へ
ダイヤモンドオンラインに「能力上昇」に関する注目すべき記事があったので、紹介します。

リンク

*********************************

(前略)

●子供の学力を上げる最も有効な方法とは?

中学校と高校の数学の授業で、生徒たちを対象にある実験が行われた。

半数の生徒は難しい問題をさんざん考えた後に教師からヒントを与えられたが、残り半数の生徒は教師からすぐにヒントをもらった。

その結果、問題と格闘した生徒のほうが成績が良かったという。この研究の著者は、研究で発見したことを実にシンプルかつ正確に言い表した。

「スキルは苦悩から生まれる」

「人間による教育はなぜ一部しか功を奏しないのか?」(Why Do Only Some Events Cause Learning During Human Tutoring?)と題する調査でも、同じ結果となった──結局のところ、教師は生徒に答えやヒントを早く教えすぎるのだ。

別の大学の物理学の指導システムを調べたところ、「先生がどう説明しようが、生徒は行きづまるまで考え込まないと、めったに学習しない」ことがわかったという。

他方で、もっとも効果的な指導方法には共通点があった。生徒が音を上げるまで教えないのだ。「成長は限界ぎりぎりのせめぎ合いのなかから生じる。スキルは苦悩から生まれる」というわけだ。

(後略)

*********************************

当たり前のことだが、自分の頭を使ってものを考えないと、追求力は身に付かない。しかし、多くの学校や塾では、丁寧に教えてあげることがもてはやされている。こういった科学的な検証データはもっと世の中に広まっていった方がいいと思う。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_331704
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp