この記事の読者は累積1481人です。
 
社員の活力を引き上げるには?
331164 「働きやすさ」の追求が企業をダメにする@
 
中田燿平 17/11/15 AM10 【印刷用へ
リンクより転載します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■日本の『職場への満足』はなぜ低いのか

日本の職場の現状

― 最近の働く人の声を教えてください。

前川氏『全国津々浦々、大企業から中小企業まで多く企業の人材育成をお手伝いする中で、以下のような声をよく聴きます。

「一昔前と比べると、残業時間が減ったものの、仕事に打ち込みたい時にも強制的に早く帰され、逆に毎日に張り合いを感じられなくなってしまった。」「育児休暇明けに時短勤務で職場復帰したが、サポート的な仕事を命じられ、キャリアダウンしてしまったようで毎日やりきれない。」

「高い業績目標を追いかけ、ライバルたちを尻目に達成し続け、会社からの評価も給与も増えてきた。にもかかわらず、ライバルである同僚ともギクシャクし始め、次から次へとハードルが高まっていく目標に、どうも昔のように燃えられない。」

「世間的には、勝ち組のグローバル企業とみられる会社に務め、結婚相手のご両親からも『立派な会社にお勤めになられて』と安心されるが、短期業績とポストの奪い合いに終止する経営陣のものとで、どこまで辛抱して働けるか自信が持てない。」

こちらは一部にすぎませんが、どの声からも「職場への満足」は感じられないのが実態です。』

― 一見恵まれていそうな方々も「職場への満足」を感じられていない、というのは興味深いですね。

満足度が高い職場と低い職場の違い

― 「職場への満足」が高い企業と低い企業の違いは、見ればすぐにわかるものでしょうか?

前川氏『すぐにわかります。まず 「職場への満足」が高い企業 は他者に関心があります。挨拶があちらこちらで聞こえ、自然な笑顔で満ちています。いきいきと働いていることがはっきりと感じられます。

逆に「職場への満足」が低い会社は他者に関心がありません。仕事はしていますが、皆がバラバラ。挨拶や自然な声掛けなどもほとんど聞かれません。聞こえてくるのは内向き・後ろ向きの話しばかりです。中でも、多いのは会社や上司、同僚への不平不満です。「あいつだけ評価されるのはおかしい」「あの人は頼んだことをやってくれない」「あいつのほうが得している。それに比べて俺は損している」のように社内に関する愚痴を言い合っているのです。

このような状態がつづけば、職場はどんどんギスギスした雰囲気になっていきます。そして、職場の崩壊がますます進んでいくことになるのです。』

― なるほど。職場の満足度は、企業の成長に関わる大きな違いを生み出すのですね。

『職場への満足』の低さは「働きがい」の欠乏が要因。もっと「働きがい」について、議論をすべき

― その違いを生み出している原因は何なのでしょうか?

前川氏『 一言で言うと、働く人たちが「働きがい」を感じられているかどうかです。残念ながら、今の日本では多くの人が「働きがい」を得られていないと考えています。働きがいとは、「人のために動く喜びを感じられる」ことだと私は定義しています。自分が懸命に働くことで、誰かの役に立つ。喜んでいただける。さまざまな人に感謝され、よりよい世の中をつくっていくことにつながっていると実感できる。仲間とともに失敗を悔やしがったり、ともに成果を喜び合える。

また、子どもたちに胸を張って誇れる仕事であると言える。こういったことが「働きがい」へとつながります。これらは全て人と人との関係性の中でコミュニケーションを通じて得られるものです。ですので、働きがいは1人で黙々と働くだけでは得にくいものだと言えます。上に挙げた例を見て頂ければわかるように、今、職場で「働きがい」が失われています。

政府を上げて「働き方改革」が叫ばれ長時間労働が問題視されていますが、「雇用や労働の量」の議論に終始し、こういった「雇用や労働の質」、つまり「働きがい」についての議論はなされていないのではないでしょうか。ここまで話してきたように、働く人にとって、大事なことは「働きがい」です。各企業が「働きがい」について、もっと真剣に議論をしていかなければならないタイミングになっていると思います。』

― 「働きがい」の有無が「職場への満足」を左右するということですね。企業は自社の「働きがい」にもっと目を向けるべきだ、とよくわかりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
転載終わり
 
  List
  この記事は 331149 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_331164
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
331165 「働きやすさ」の追求が企業をダメにするA 中田燿平 17/11/15 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp