この記事の読者は累積1747人です。
 
経済破局は来るのか?
331154 今後の世界体制が決まる:露中米会談:サウジ政変の詳細/サウジは露側についた
 
橋口健一 HP ( 54 大阪 技術者 ) 17/11/14 PM10 【印刷用へ
風雲急を告げる世界情勢。状況を把握する為に、ひめとあとむのブログさんより二本の記事を引用させて頂き、紹介します。

■フルフォード氏からの報告 : 今後の世界体制が決まる露中米会談 / サウジアラビア政変の詳細など リンク

竹下雅敏氏からの情報です。

どうやら、私たちは歴史的な転換点にいるらしい。

動画の1分45秒〜4分10秒の所で、フルフォード氏は、“本番は、ベトナムでのプーチン大統領と習近平氏とトランプ大統領の会談。歴史的な会談になるか否かの重要なもの”と言っています。要するに、今後の世界の体制が決まるか否かということのようです。

4分10秒〜6分では、サウジアラビアで逮捕されたのは、ロックフェラーとブッシュの仲間たちで、9.11の関係者が一斉逮捕されていると言っています。

6分〜6分50秒では、日本との関連について。8分15秒〜9分43秒では、イヴァンカさんの夫であるクシュナー氏がサウジアラビアに行って、アメリカのNSAの盗聴記録や、9.11とイスラムテロの関係証拠資料を見せたとのことです。ここから、今のサウジアラビアの政変が起きているようです。

時事ブログでは、一般にはクシュナー氏はシオニストであるとかネオコンであるとか言われていますが、そのような人物ではないとしてきました。今回のフルフォード氏の情報が正しければ、私の発言が正しかったことになります。

先の記事でも、中国とアメリカの友好関係、これは世界の平和に直結するものですが、クシュナー夫妻が大きな影響を与えているのがわかると思います。トランプ政権内で唯一魂が残っている存在として、イヴァンカさんとクシュナー氏の夫婦は極めて重要な位置に居ると言って差し支えありません。

動画のコメント欄の書き込みには、アメリカで既に4万人以上の逮捕者が出ていると書かれています。これが本当であれば、いずれこの影響が日本の政治にも現れてくると思われます。

(後略)
--------------------------------------------------------------
■サウジアラビアがロシアについた:金融システム崩壊は確定:石油:ドル離れ リンク

サルマン国王がロシアへ歴史的訪問 サウジアラビアがロシア側に

竹下雅敏氏からの情報です。

サウジアラビアのサルマン国王の歴史的なロシア訪問で、事態が大きく動いているようです。両国は数十億ドルものエネルギー関連の取引に合意し、驚いたことに、ロシアの地対空ミサイルシステムS-400をサウジアラビアは購入するというのです。

これは、冒頭の記事の通り、サウジアラビアがロシア側についたということです。時事ブログではこうなることを予測していたので、サウジアラビアがロシアに寝返れば、イスラエルに王手がかかるとコメントしました。

ロシア・中国は着々と米ドル体制から離れ、金を裏付けとする新金融システムを構築してきました。現在、ベネズエラも石油取引に米ドルを使わないと宣言しており、現行の金融システムが、近いうちに崩壊することは確定的です。

これは、大変喜ばしいことでありながら、米ドル体制に完全に組み込まれている日本のような国にとっては、大変な事態です。

この未曽有の困難を乗り切れるのは、小沢一郎政権以外にないというのが、支配層の考えだと思います。今年の秋から来年にかけて、世界は激変すると思われます。

(後略)
--------------------------------------------------------
引用おわり
 
  List
  この記事は 331122 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_331154
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
331230 ロシア中央銀行が新金担保通貨を来月発表 橋口健一 17/11/17 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp