この記事の読者は累積1099人です。
 
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
330314 教師になるにしても、最低3年以上は民間企業で働いた方が良いのでは?
 
匿名希望 17/10/11 PM03 【印刷用へ
私が社会に出て気づくのは、学校で教えてもらった内容は、ほとんど役に立たない。それよりも、本当に必要なのは、人と一緒に仕事をしていくことの重要性や、何かを追求する方法など、教科ではなく、人としてどう生きるかに近いように思います。
正直なところ、教科の中身なんて追求力や、人間関係がうまくいく人であれば、いくらでも身につけることができるレベルだからです。今の教師の大半が、それすらも認識できない。と言うより、公務員であり続ける以上、気づくことすら出来ないのでしょう。
いっその事、教師になるには、民間企業で最低3年以上は働くなど、制度化したほうが良いのではないでしょうか??

以下、リンクより
-----------------------------------------------------
●「成績を上げろ」としか言えない教師
教師の質というのもやはり問題です。特に多いのはテストでいい点をとっていい学校に入りなさいとしか教えられない教師です。
なぜかといえば、教員免許を取得したというだけの学生が終身雇用を目的として教師を目指しているということが珍しくも何とも無いからです。
不祥事の多さもさることながら、実社会での経験などが皆無の人が多いことは無視できないと思います。

●民間企業での活動経験が無い教師は多い
高度経済成長期には「でもしか先生」という言葉もあった通り、教師の質の低下などは世間でも問題になっていました。

「教師にでもなるか」
「能力がないから教師にしかなれない」

 ・・・ということから出来上がったとされる教師への蔑称ですが、1990年代以降は少子化に伴い採用枠は大きく減っているので減少傾向にはあるようです。
ただ、それでもやはり教師の質というものはお世辞にも高いとは言えないと思います。
私が中学生だったときの担任教師たちは1年から3年の時までの3名とも、一般企業での活動経験・社会経験がゼロという状態でした。
中でも中学1年の担任教師(32〜33歳の女教師)が、はっきりと自身の口からこのように話していたのを覚えています。
「私が教師を選んだ理由は、まずはやっぱり公務員だからですね〜。給料や待遇も含めて安定しているからというのが大きかった」
・・・と言うような事を話していました。
誤解の無いように言うならば、別に公務員という待遇目当てで教師になる人が全て問題と言っているのではありません。
ただ、結局は教師だって人間なので自分たちの保身や給料のことだけが心配な教師も数多く存在します。
子供たちの将来の可能性を広げることが大切と言いつつも、その教師の大部分が一般企業での経験が無い人ばかりだから何も教えられる事がないという現象は珍しくありません。
だからこそ、

「テストで良い点を取りなさい」
「少しでも上の学校に入りなさい」
「安定した職に就きなさい」
・・・こんなことくらいしか話す事ができない教師が沢山出てきてしまうわけです。
実際に、私が出会った過去の教師たちというのは殆ど例外なくそうした教師しか存在しませんでした。
要するに、「自分たちと同じ事をして、成績を上げて偏差値で縛られた世界を渡り歩いてなんとか頑張りなさい」としか言えないような人達が想像以上に多いわけです。
少なくとも私自身はテストで良い点を取るのも、良い学校に入るのも選択肢の1つでしかないという考えの人間であり、それは目的が有る人が選ぶべき道だと考えています。

どんな道があり、どんな未来があるのか?

何のために学校に通わなければならないのかなどの理由に対し、子供が納得できる理由を話せるような教師が殆ど存在しないのです。


●学校はゴールではない
学校が持つ役割というのは、将来本当にやりたいことを実現する為に必要な資格や知識・技術を得るために通っている学生たちに、そうした機会を与えることだと私は思います。
だからこそ、何の目的も将来の夢も何も無い人が

「とりあえずいい学校を卒業しておけばいい」
「よく分からないけど周りと同じことをしていれば安心だ」
・・・という理由で来たところで、当人にも学校側にも真の利益にはならないと考えます。
何よりも、海外ならばいざ知らず現状では日本の学校というのは公立などでさえも高額なお金がかかるのが殆どなのです。
そして、それに加えて数年間という時間も費やさなければならなくなるでしょう。何も考えずに学校に入る事でお金と時間という2つの貴重な資産が失われるかも知れないのですよ?
あくまでも目的地に到達するために必要だから学校で学ぶというのが本当の意味で大切なことで、学校は通過点なのではないでしょうか。
それが社会経験皆無の教師たちがいきなり上に立ち、子供たちを教え導くという立場に立っているからこそ

「良い学校に入りなさい」
「少しでもいい点をとりなさい」
「競争に勝ちなさい」
「正社員や公務員になりなさい」
・・・というようなことしか言えない教師で溢れているのではないかと思います。
少なくとも、私ならばこうしたことしか言えない人たちを教える側の人間に選びたいとは思いません。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_330314
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp