この記事の読者は累積1534人です。
 
学校って、必要なの?
329578 少子化による大学経営危機に「大学=最高学府」は答を出せるのか?
 
ブログ 共同体社会と人類婚姻史 17/09/13 PM06 【印刷用へ
少子化による大学経営危機がいよいよ本格化する、いわゆる2018年問題。 ただでさえ大学の存在意義が問われているのに、誰でも入れる状況になれば、ますます大学に行く意味が問われる。
教育の危機的状況に対し、大学側の動きがよく見えない。文科省は文系学部を減らそうとしているようだ。 大学の生き残る道は、とことん現実課題を追求する実学の場(生産機関への転換)しかないが、 これは教育改革の最大のチャンスであろう。何もしなければ潰れるのを待つしかない。
差し迫る現実課題に答えを出せないとすれば、それこそ大学は不要 続きはこちら
 
  List
  この記事は 329335 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_329578
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
現実社会を知らずして、教育をする資格はない 「共同体社会と人類婚姻史」 17/09/17 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp