この記事の読者は累積4377人です。
 
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
327156 ソロスとオバマが告訴されました
 
中村英起 ( 57 佐賀 会社員 ) 17/06/08 AM09 【印刷用へ
ソロスとオバマが告訴されました。
リンク より

裁判監視団によってソロスとオバマが告訴されたもようです。
オバマの協力の下でソロスは米国民の血税を使って極左団体を雇いマケドニアの保守系政権を倒そうとしたことが分かりました。ソロスはトランプ政権を倒すために極左団体に活動資金を与えて様々な妨害活動を行わせています。裁判監視団の告訴により彼らの悪事が全て明らかになればよいのですが、主要メディアはそのことは完全に隠蔽するのでしょうね。

6月3日付け
世界で最高の利益を上げているヘッジファンドのソロス・ファンド・マネジメントLLCを所有するジョージ・ソロスは、1992年にイギリスで起きたブラックウェンズデーと呼ばれる通貨危機で空売りをすることで10億ドルの利益を得ました。ソロスは1970年代にチャリティ団体のオープン・ソサエティ財団を創設し、世界中で、政治、経済、社会の変革を推し進めてきました。

しかしついに、ジョージ・ソロスとオバマ前大統領が裁判監視団に告訴されました。
水曜日に、裁判監視団(ジューディカル・ウォッチ)の代表者が、オバマ政権(米国務省と米国際開発庁を介して)がソロスに政治的な企てを実行させるためにアルバニアにあるソロスのオープン・ソサエティ財団に巨額の活動資金(税金)を投入していたとして、オバマとソロスを告訴することにしたと発表しました。

監視団は既にマケドニアでオバマとソロスが結託してマケドニアの政治に影響を与えたとして彼らを告訴しています。ソロスと彼の協力者のオバマは、米国民の血税を使って国内外で過激な極左アジェンダを実行しています。

今回の告発では、オバマ政権下の国務省と国際開発庁からソロス自身やアルバニアにあるオープン・ソサエティ財団及び関連団体への支援金の流れや関係者の通信記録を全て明らかにすることを要求しています。

マケドニアとアメリカの政府高官(情報筋)が監視団に提供した情報によると、オープン・ソサエティ財団は、マケドニアの保守系の政権を倒すために数多くの極左集団に活動資金を提供してきました。

ソロスは同じことをアメリカ国内でも行っています。ソロスはアメリカで結成された数多くの極左集団に資金を提供し、暴動や破壊行為をさせ、人々に危害を加えさせ、アメリカ社会を崩壊させながら、トランプ政権にその責任を押し付けトランプを倒そうとしています。

情報を提供してくれた政府高官は、極左集団はソロスの歩兵部隊だと言っています。これらの集団は、青年の改革運動を扇動し、彼らが創設した影響力の強いメディアを介して彼らのプロパガンダを流し、人々に反トランプの暴動を煽り、トランプ政権の政策を妨害したり政権を弱体化させようとしています。

(引用終わり)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_327156
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
329332 6万人の米国人、富豪ソロス氏のテロリスト認定を政府に要求 :Sputnik 洞口海人 17/09/05 AM10
327645 暗号通貨による通貨戦争を仕掛けることによって、新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)にとどめを刺そうとしているプーチン 匿名希望 17/06/28 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp