この記事の読者は累積2019人です。
 
いい女って、何? いい男って、何?
326598 今ここにいることが、充足感を生む1〜「今ここにいて」こそ、人は人と心を通わすことができる〜
 
月読尊 17/05/18 PM01 【印刷用へ
週間代々木忠の『第378回 「今ここにいる」(リンク)から転載します。
セックスであれ、仕事であれ、日常であれ、全ての充足感は、こころをその場に置くことで感じられるものだと思っています。

>「今ここにいよう」とするからこそ湧いてくるとも言える。何かに心が囚われていて、文字どおり“心ここにあらず”だったら、かゆみもしびれも感じないし、その他の感情が湧き出る余地すらない。だから雑念が湧いてもOKなのである。その都度、雑念に気づき、「戻ります」と戻ればいいのだ。これをくり返していくうちに「今ここにいる」時間はだんだん増えてくるに違いない。やがては「今ここにいられる」ようになるはずである。

★「今ここにいて」こそ、人は人と心を通わすことができる。★

その通りだと思う。こころここにあらずでは、いくら自ら律しても充足感も感じないだろう。その場、仲間の中にいないからだ。セックスで充足を求め、激しい感情をぶつけたとしても、そこにいないなら、心の交歓はなされない。ここにいようとすることで初めて心を通わせることができる。私もそう思う。
----------------------------転載
 セックスをしているとき、「今ここにいる」ということが重要である。多くの人は「今ここにいない」のである。

 10年以上夫としていない一人の主婦は、かつてセフレとした“いいセックス”が忘れられず、「ザ・面接」にやってきた。オナニーではマッサージもののビデオが好きだそうで、彼女のリクエストに応えて銀次と森林が2人がかりでオイルマッサージを施すことになる。

 ちょっと贅沢な前戯が終わって、彼女は森林とセックスする。森林らしいパワフルなセックス。彼女も感じている。終わって「満足したか?」と訊けば、「まだできる!」と彼女。すかさず森林が「僕、できない」。それでもにじり寄ってくる彼女に、彼は「いやいや、もう……。もう終わりですよ、閉店です!」。エキストラたちがドッと沸く。彼女がトップバッターということもあり、自分が行こうとしている銀次に、僕は「行くな」と目配せした。

 なぜ彼女は満足しなかったのだろうか? 森林のセックスが短かったわけではない。刺激だって充分すぎるほどあっただろう。彼女の中にはいまだ忘れられない“いいセックス”があり、見てきたマッサージもののビデオのごとく「ああされたい」「こうされたい」という思いが色濃く存在している。彼女の意識は過去のセックスやイメージの中にあって「今ここにいない」から目の前の相手と真に向き合うことなく、ゆえに満たされないのである。

 ここまでずっと見ていたエキストラたちに、忌憚のない感想を訊いてみた。「上に乗ったときの腰づかいが凄かった」「恥じらいなくセックスしていて“ザ・痴女”って感じだなって思いました」等々、彼女が色っぽくてイヤラシかったことを評価する声はあがるものの、「心を打たれた」「ぬくもりが伝わってきた」といった類の感想はついぞ出てこなかった。

 2番目にやってきた20歳の女の子は、アダルトビデオにデビューしてから3カ月足らずでもう30本の作品に出ていると言う。現場のセックスはどうかと隊長に問われると「カットが掛かるから、あんまり……」と言葉を濁す。監督の「カット」の声でセックスが中断されてしまうので、あんまり気持ちいいとは言えないということだろう。

 この子が、結果として「今にいて」ウルフと向き合うことになる。キスをしながら、やっとマイクが拾えるくらいの小さな声でウルフが「好きになっちゃいそう」とささやけば、「もう好き」と彼女が応じる。いよいよセックスが始まり、正常位で互いに見つめ合ったまま、彼女は何度もウルフに「好き!」と思いを伝える。そして「ねぇ、『好き』って言って!」と請い、それに応えて「好きっ!」と気持ちを入れたウルフは、その後ものの数秒でイッている。
----------------------------2に続く
 
  List
  この記事は 323117 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_326598
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
327096 上流階級のお嬢様が教えてくれたこと 匿名希望 17/06/05 PM11
326599 今ここにいることが、充足感を生む2〜「今ここにいて」こそ、人は人と心を通わすことができる〜 月読尊 17/05/18 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp