この記事の読者は累積46877人です。
 
市場の支配構造(金貸し支配)
325867 三菱UFJが国債入札資格を捨てて、ビットコインに切り換え
 
縄文男児 ( 70代 大阪 経営 ) 17/04/19 AM10 【印刷用へ
引き続き、nueq labブログリンクより、紹介する。

――――――――――――――――

話題をビットコインに戻して、三菱銀行がビットマネーの発行を昨年6月に発表しました。

  朝日新聞
  三菱東京UFJ、独自の仮想通貨発行へ 一般向けに来秋
  2016年6月10日
  ※ 朝日がこんなにも前のニュースを消さずにいるとは超珍しい!
    と、思いきや、後半は有料記事。

今年の秋( 10月だったかな? )にリリースするとのこと。
大手銀行では世界初のビットマネーのリリースだ。
三菱銀行はご存知のようにモルガン・スタンレーと提携している = 軍門に降っている。
モルガンのオーナーはロックフェラー。
つまり三菱銀行のブロックチェーンはロックフェラーが開発したものを使うことになるのだろう。 ロックフェラーが奴隷国家でこの実験を行うということは、おそらく今年の10月以降に日本で展開される何事かに対して先手を打った。と看做すことも出来る。

更に、三菱銀行はこの発表の1ヶ月後にも驚くべき発表を行っている。

  日経新聞
  三菱UFJ銀、国債入札資格の返上発表
  2016/7/13

日本の国債なんぞ興味なし!
どのみち近々紙切れになるんだから!
と宣言してるのも同然。
普通の銀行や国策会社の第一勧銀+富士銀や、いつひっくり返ってもおかしくない住友などには逆立ちしても出来ない芸当が、ロックフェラーの威を借りれば誰も文句が言えない。 日銀とて。
って云うより、日本で1882年以来、唯一の通貨発行会社として君臨してきた日本銀行に対してツバを吐きかける行為でもある。 三菱銀行は日本に於いて135年目にして日銀以外に初めて通貨を発行する会社となる。

そして秋には下記のニュース。

  REUTERS
  スウェーデン中銀、独自の電子通貨発行を検討=副総裁
  2016年 11月 17日

  Social Networking.jp
  スエーデン中央銀行、仮想通貨e-krona 採用の本格議論開始、フィンテック
  2016.11.18

流石は世界初の中央銀行!
実質的な中央銀行は先に書いたように1694年7月27日設立のイングランド銀行だが、中央銀行自体としては1668年9月17日設立のスウェーデン銀行が先。 スウェーデンと云えば彼のダイナマイト殺人賞 = ノーベル賞( ノーベル賞受賞者の大半は詐欺師としてアカデミズム・サイエンス詐欺の延命に貢献している )の国。 ヨーロッパで制度上イギリスと並んでただ2ヶ国だけ国王が国家元首の国。 勿論、ドイツやオーストリアやロシアやスペインやポルトガルやイタリヤの様に国王がパージされなかっただけの理由を持つ国だ。

しかし、世界で最先端の国は別にある。
フィリピンだ。
ビットコインを国家として真っ先に承認し、独自のビットマネーの運用を既に始めている。

出稼ぎ国家フィリピンでは本国への送金手段としてこれまで安価な専門小包便や地下銀行を使ってましたが、NOAH COIN( ノアコイン )の登場で送金手数料ほぼゼロで世界各国で現地通貨に依るお金の出し入れが可能となりました。
 
  List
  この記事は 325866 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_325867
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
326955 仮想通貨界のウィルス →『Ripple』 洞口海人 17/05/31 PM06
326676 自殺率:日本はワースト6位 先進国の最悪レベル 惻隠之心 17/05/21 PM03
325974 キャッシュレス化による新たな支配体制 匿名希望 17/04/23 PM09
325919 国内金融機関が大学と連携してブロックチェーンの専門家育成に乗り出した 野崎章 17/04/21 PM06
325887 国際基軸通貨はほぼ100年毎に変わってきた。次は金に裏付けられたSDRか? 縄文男児 17/04/20 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp