この記事の読者は累積1583人です。
 
試験・身分制度の根深い害
325122 想いと行動を一致させる
 
ブログ 男と女の職場話 17/03/19 PM01 【印刷用へ
先日、大人とこども混合で、
今後30年先も残り続ける仕事の議論をしていたときのこと。
AIも発達し、機械にとってかわられることは増々多くなっていく。
そんな中で、求められる能力は何なのか?
こどもたちに向けた大人からのメッセージに、
大人である私まで、はっとしてしまいました。

「自分の行動と意志は一致しているか?
例えば勉強をしているとき、
教科書に書かれているものが、自分の意志・感情と全然つながらない。
だけどしかたなくやってますということになると、
ただ知識を暗記しているだけということになる。
そうなってくると、本能・共認機能を再現できないロボットそのもので、意志も感情もない。
あるのは知識だけと。
そうなったらロボットには勝てない。
「自分はロボットではない」といえるんですか、君ら。
「自分はロボットではない。ちゃんとした人間です」と言えるためには、
やってることと意志とがつながってないといけない。」

生きていくすべての局面で、求められる姿勢。
そのためにどうしたらいいのか、
改めて考えるヒントになる記事を見つけたので、ご紹介します。 続きはこちら
 
  List
  この記事は 318498 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_325122
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp