この記事の読者は累積46330人です。
 
地震・噴火・気象
317937 封印されてる、日本の異常気象の原因
 
村田頼哉 ( 44 高知 企画 ) 16/08/02 AM02 【印刷用へ
地球上では、今年に入っても数多くの異常気象が発生しています。
今月に入っても、2016年の世界の気温は観測史上最高を記録し続けていながら、「世界7大陸のうち6つで夏の雪が降る」という異常気象が発生しています。また、ロシアのシベリアでは62年ぶりとなる竜巻が発生するなど記録的な悪天候となり、各地でも大規模な洪水とシンクホールが起こりました。
様々な要因が考えられますが、根本的な原因はなんなのでしょうか。

『極東アジアの真実(リンク)』より引用します。

我々は学校で、雲は水等が蒸発、上昇等し雲が発生、また雨になる等々学んできました・・・この説はどうも可笑しいと言うことが研究の結果ある程度立証等され、一部教科書等の書き換えが必要との声が諸外国等では大きくなっているようです。
 
今年も豪雨等々により日本は甚大な被害を受けています、マスコミ等は旧来の天気解説のみ、我々一般国民は真実を知る必要がないとでも思ってるのだろうか・・・
ネイチャー等々の資料によれば、雲(発生の要因となるエアロゾル)は大気中の蒸気からできているのではなく、ほとんどが宇宙線により作られていると考えられると言われており衝撃的な事実です。雲の素は蒸気で無いということ!(この説には大きな圧力を受けてるそうです。)
ネイチャー等々で発表された記事に、 欧州原子核研究機構(CERN)のCLOUD(雲)実験の結果に関しての最初の報告が記載されています。

CLOUD(雲)の実験では、宇宙線が大気のエアロゾルの形成に与える影響についてを、コントロールされた実験室の条件で研究しています。エアロゾルとは、気体の中に液体や固体の微粒子が多数浮かんだ物質のことをさします。このエアロゾルが雲の雫となる大きな要因となると考えられています。エアロゾルの構造と形成プロセスを理解することが、「気候」というものを理解することにとって重要だというのが最近の認識となっているようです。

欧州原子核研究機構(CERN)の実験結果により、これまで、下層大気の中でのエアゾール構造の要因となっていると考えられてきた微量の蒸気は、大気中のエアロゾル生成のごくわずかな部分しか説明できないことが解かったそうです。宇宙線からのイオン化がエアゾールの構造を大きく強化させる結果も示されたそうです。

今回のようなエアロゾルの生成に関しての正確な計測は、雲の構造を理解するために極めて重要なものであり、気候モデルにおいて雲の影響を考える見識とも関係するそうです。

実験のスポークスマン、ジャスパー・カークビー氏は、宇宙線が対流圏と上層大気において、エアロゾル粒子の形成を強化していることがわかりました。結局は、これらのエアロゾルが雲となるわけです。以前は、エアロゾルの構造の多くは蒸気だろうと考えられていたのですが、それは構造の中のごく一部にすぎない!と分かったそうです。

太陽黒点が沢山現れると太陽は活発に活動し、太陽風磁場が地球を包み、太陽系外等からの宇宙線等を遮る。(異常気象が少ない。)

黒点が少なくなる、太陽風磁場が地球を包み込みきれないため、直接太陽系外等の宇宙線が直接地球に降り注ぐことになる。(異常気象が多くなる。)

太陽黒点は磁場が弱くなると消えてしまう性質を持っているようです。
  
11年周期の太陽活動(普通はN極とS極の「1極構造」が11年周期で反転)、ここ数年は太陽黒点がほとんど消え、太陽のN極S極の反転も無く、1極構造がびっくり仰天、4極構造(ちょうど地球の極が、地球上に4箇所出来た状態)に成っているようです、ネット上の理研、国立天文台、NASA等資料で誰でも簡単にNET等で見ることができます。是非太陽のどこが異常かみてください。

太陽活動の低下で太陽風磁場が弱くなる。すると、それまで太陽系に入って来れなかった太陽系等外からの宇宙線が直接地球に届いて「より沢山の雲が発生する」ようになる。雲は太陽光線を宇宙に反射するから、その分地球は寒冷化することになる。

国立天文台と理化学研究所の研究者を中心とした研究チームによると、13年秋から太陽の黒点が増える時期に突入するが、過去100年間にはなかったほど、黒点が少ないと発表しています。NASAの科学者も未来の予測は難しいと述べています。

異常気象の原因は、ズバリ太陽異常「太陽活動が低下し、もろに地球に宇宙線が降り注ぐ結果、多量の雲が発生、地球上の大気等々と複雑に絡み合い・・・豪雨等が発生」、今後太陽異常が収まらない限り、今後更に日本全国どこでも豪雨等々大災害が発生するでしょう。更に悪い情報としては、現在メキシコ湾海底流出事故でメキシコ暖流は停止したと言われてますが、地球にとっては太陽異常ばかりでなくメキシコ暖流の停止によって気候変動等は一段と予測不能に見えます。
 
「マスコミ等は太陽異常等の真実を報道すると不都合」があるでしょうかね、多くの国民が太陽異常等を知ったら、危機管理、防災等に対する一般国民の認識は大きく変わると思います。

日本中何処にいても、今後、太陽異常等々のため、想定外の諸災害等々のリスクが極めて高まっていることを、我々は再認識する必要がありそうです!

被害を極限するためにも、太陽異常等を異常気象の原因の一つに入れるべきで、何も隠す必要はないと思います、異常気象は今後、何十、何百年続くか分かりませんが・・・
 
  List
  この記事は 311074 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_317937
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
319190 9号、10号、11号は三つ子台風だった?〜HAARP照射のやりたい放題!!「台風メーカー」はいるのか?〜 猛獣王S 16/09/03 AM00
太陽活動の低下から火山活動の活性化、そして小氷期へ 「地球と気象・地震を考える」 16/08/22 AM00
318148 【警報】〜今、首都圏で何が起こっているのか!? 猛獣王S 16/08/08 PM04
世界の異常気象・・・7月は世界7大陸のうち6大陸で雪が降る 「地球と気象・地震を考える」 16/08/05 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp