この記事の読者は累積19597人です。
 
民主主義と市民運動の正体
317319 基本的に、ここ数年の国政選挙は、『野党を半分にする不正プログラム』によって行われていた可能性が高い その1
 
達磨防人 16/07/14 AM00 【印刷用へ
 具体的な物的証拠よりも、状況証拠が核心を物語る場合もあります。
以下、不正選挙プログラムに関する分析記事を紹介します。

リンクより引用です。
___________________________________________________________________

 野党の得票を半分にしたので、いくら一般市民が頑張って投票しに行っても、投票率が伸びなかったし、野党が大負けしたのだ。当たり前だ。『野党を半分にする不正プログラム』によって1600万票余が抜かれているんだから。

過去の投票率を見ても

衆院選投票率
リンク

参院選投票率
リンク

 を見ればわかるが、投票率70%くらいがノーマルな数字だ。抜かれていた野党の1600万票を入れると、投票率は丁度70%くらいになるのである。(2014衆院選の当日の有権者数は1億396万2784人、投票者数は5474万3097人)これを知らずに、選挙を考えてはダメだ。

(中略)

 今回、大手の新興宗教団体である生長の家や立正佼成会が、与党とその仲間達の支持(自民・公明・おおさか維新・日本のこころ・元気にする会・改革)を取り消しました。

 農協の多くもまた、与党とその仲間達の支持を取り消しました。

 あの、池田大作とそのなかま達でさえ、多くの人達が『与党とその仲間達)に反旗を翻しています。

 GOHST RIPONの屋形さんの記事も参考に
リンク

 これが、逆風でなくて、どんな逆風があるのか??与党の最も大きな票田である新興宗教団体と農協が反対しているんですよ。日本医師会などもTPP反対なので、当然反対しているはずです。今回の選挙はもはや、与党の支持基盤は、完全に崩壊したと言っても過言ではないくらいです。

 これだけで、与党とその仲間達(自民・公明・おおさか維新・日本のこころ・元気にする会・改革)は、単純に1000万票以上は減る計算になりますよね。考えてもみろ

 TPPに反対と言いつつTPPを推進

 国民年金をギャンブルにつぎ込み大損

 不公平な日米地位協定を変えることも出来ず

 憲法違反の安保法案推進して自衛隊は海外派兵

 外国には筒抜けだけど国民には秘密の秘密保護法案を通し

 外国人移民を大勢受け入れる法律を許可

 外国にだけ金をばらまき、国民の社会福祉を削減

 消費税は増税して大手企業は減税

 それらの金は、タックスヘイブンへ

 タックスヘイブンの金は追求せず

 危険な原発再稼働し

 放射性物質を封じ込めずにばらまき汚染させ。

 汚染した食物を全国展開

 国民の半分以上が非正規労働者に

 国民の6人に一人が貧困に

 経済は、かつてないほどマイナスに

 さらに、国民の権利を制限するために憲法を改悪しようとしている。

 そして、緊急事態条項によって国民の人権を停止しようとしている。

 この状況で誰が入れるんだ??与党とその仲間達(自民・公明・おおさか維新・日本のこころ・元気にする会・改革)に普通に考えれば、誰も入れない。入れる理由が全く無い。
_________________________________
(続く)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_317319
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
317456 福島市で開票作業2時間遅れの謎〜不正選挙の疑い濃厚か? 匿名希望 16/07/18 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp