この記事の読者は累積5932人です。
 
健康と食と医
316575 ワクチンにガンや自閉症を発症させる物質が混入!
 
新聞会 16/06/21 PM09 【印刷用へ
日本や世界や宇宙の動向リンクより転載します。
---------------------------------------
私たちは日常的に食べている食品(特に加工食品)に一体何が含まれているのかを知らずに食べています。飲んでいる薬も吸っている空気もどのような物質が含まれているかわかりません。ただ、飲んで、吸っているだけです。
権力者たちは、密かに身体に悪いものを食品、飲料水、薬、大気、その他に混入させ巨額の利益を得つつ、人々の健康を害しています。

そして人々(子供たちも含む)はワクチンに何が含まれているかも知らずに政府、医師、マスコミが勧めたからといって、簡単にワクチンを受けます。ワクチンに何が混入されているかを明らかにしないまま、政府は国民(子供たちにも)にワクチンの接種を行わせています。
ということで、本当は。。。ワクチンを接種する場合、どのようなものが混入されているのかを政府が明らかにしない限り、拒否すべきなのですよね。

リンク
(概要)
6月19日付け

大手医薬品会社はガンの酵素を混入させたワクチンを接種させています。その事実を突き止めた医師らが殺害されました。
 

つい最近、フロリダ州で多くの医師が殺害されていたのです。
殺害された理由は、彼らがワクチンに関する重大な事実(ワクチンにnagalase酵素たんぱく質が混入されているということ)を突き止めてしまったからです。
nagalase酵素たんぱく質は、ガン細胞から作り出した、たんぱく質であり、体内でビタミンDが生成されるのを阻止してしまいます。ビタミンDはガン細胞を消滅させる重要な栄養素です。
そのような有害な酵素たんぱく質をワクチンに混入させているのです。



ビタミンDはガン細胞を消滅させたり自閉症を予防します。nagalese酵素たんぱく質は免疫システムの働きを阻止し、2型糖尿病を発症させます。
つまり、これらの医師らは、大切な子供たちに接種しているワクチンにガンや自閉症を発症させる有害な物質が含まれていることを突き止め、それを公表しようとしたため殺害されてしまったのです。
(グローバリストによる)人口削減計画の一環として、学校に通う我々の大切な子供たちに有害な物質を混入させたワクチンを強制的に接種させているます。彼らは、世界の人口を削減する方法として、人間の免疫システムを攻撃しながらゆっくり殺害する方法を取り入れています。
彼らは自分たちが最も正常なメンタリティと生き残るのに最適な遺伝子を持っていると考えているのです。しかし彼らには魂がありません。
------------------------------------------
以上です。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_316575
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
317001 新たにがんと診断された患者86万5000人 過去最多に 松下晃典 16/07/04 PM10
316871 アメリカはエボラウィルスの特許を持っている 佐藤晴彦 16/06/30 PM07
316685 日本脳炎の新型ワクチンなど受けるな〜新型ワクチンの安全性は立証されていない!〜 猛獣王S 16/06/24 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp