この記事の読者は累積204354人です。
 
思考革命:問題意識発から可能性発へ
316209 仲間をまとめる力と言葉の欠乏
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 16/06/10 PM09 【印刷用へ
社会に出て、どんな職業についても必ず求められる力、それは仲間をまとめる力。つまりは、共認形成力。その力さえあれば、どこにいても間違いなく上昇してゆける。

その力は、例えばクラブをまとめることでも培われるが、追求グループの仲間をまとめるのが、最も近道である。
たとえば、場がもう一つ活性化していない時、どんな声をかければ上手くいくのか?あるいはおしゃべりに流れがちな時、どんな声をかければ皆が追求に向うのか?常に、どんな声をかければ良いのかという、言葉の欠乏が生じ、言葉を探すことになるが、そのような言葉の欠乏と言葉の追求こそが、本物の言語能力と共認形成力を根付かせてくれる。

そこで、赤ん坊の頃を思い出して欲しい。赤ん坊は、言葉の欠乏の塊で、常に「これ何?」「何で?」と聞きまくって、貪欲に言葉を吸収してゆく。ここで注目して欲しいのは、この言葉の欠乏と探索は100%赤ん坊の内側から生まれたものであって、誰も外側から「言葉を覚えなさい」と強制していないという点である。
ところが、学校に入ると、言葉の学習環境は一変する。そこでは、いきなり教科書が与えられ、「これを理解しなさい」という強制圧力が加えられる。しかし、教科書に書かれている中身は、自分の内側からの言葉の欠乏とは全く繋がっていない。本来の肉体的な言葉の欠乏とは何の関係もない文章を読めと言われても、それは苦行でしかない。たとえ、苦行に耐えて文章を理解したとしても、肉体的な欠乏とは繋がっていないので、しょせん、知識を記憶し蓄積しただけに留まる。これでは、いくら勉強しても、言語能力は上昇しない。

言語能力を上昇させるエンジンは、肉体的な言葉の欠乏しかない。従って、教科書に書かれた文章に対して内なる言葉の欠乏を生起させる必要がある。それは、赤ん坊と同じ「これ何?」「何で、そうなるの?」という疑問であり、あるいは「現実に役に立ちそうな言葉はないか?」という視点である。

だから、書かれた物を決して絶対視してはならない。否定視は禁物だが、常に、「何?」「何で?」という疑問発の追求、あるいは現実に役に立ちそうな部分はないかという現実発の視点での探索が不可欠で、そのようにして生起した言葉の欠乏をもって「書かれた物」を吸収してゆけば、間違いなく言語能力は上昇してゆく。
 
  List
  この記事は 311226 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_316209
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
328869 どうする?を追求する中で「なんで?」は発生する! 男と女の職場話 17/08/17 PM09
子どもはお母さんと同じ人間になろうとする〜一体化欠乏とは〜 「男と女の職場話」 17/01/30 PM03
聴くように話す♪ 「男と女の職場話」 17/01/23 AM09
321195 最も適した「言葉」を生み出し続けること 吉原一生 16/10/31 PM00
320632 組織の力はつながり力(共認力と一体化欠乏)できまる! 近藤文人 16/10/16 PM11
「先生辞めたらええねん♪」 「男と女の職場話」 16/10/12 PM05
319307 仲間をまとめる力(初級編) 竹村誠一 16/09/06 PM09
誰もが一緒に仕事をしたい、かわいげのある人とは?〜“三謝”の視点〜 「男と女の職場話」 16/08/21 PM08
自身で分解できたものだけが構築できる 「男と女の職場話」 16/08/19 PM10
「優しい」って心と心が繋がっていること 「男と女の職場話」 16/07/14 PM07
317326 仲間をまとめる力が必要≒リーダーだけに必要な力ではないという視点 花山薫 16/07/14 AM09
316676 試験脳は、頭を錆びつかせる 〜追求とは、同化すること〜 岡田淳三郎 16/06/24 PM06
315890 3分間、観念停止のススメ 岡田淳三郎 16/06/01 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp